介護の現場エピソードや、現在の社会問題について情報を発信中。

メニュー

事例053 年末のご挨拶

12月31日、今年もあとわずかとなりました。

年末の挨拶の話をしたいと思います。
グループホームでの出来事です。


施設の中は、クリスマスが終わるとすぐにお正月の飾りに早変わり。
一気にお正月ムードです。
流しているテレビ番組も特番ばっかり、CMもお正月の装いです。

入居者様と買い物に出かけると、人が多いこと!
スーパーでは、おせち料理のコーナーが大きく設置されていて、普段ある場所に商品がない!なんてことも。
キョロキョロしながら混み合った店内を歩いていると、利用者様が着いて来ているか心配で心配で、買い物どころじゃなかったり。

そんな師走の何となく気忙しい一日を過ぎ、年内最後の出勤となった日の仕事終わりに、入居者の皆様に年末のご挨拶に回りました。

お元気な皆様は…
私 「今年も大変お世話になりました。皆様、良いお年をお過ごし下さい。」
入居者 「あらやだ!お世話になってるのはこちらよ!」「また来年ね!良いお年を!」
と明るく返してくれます。

次の方のところへ。
普段はなかなか言葉が出てこず、会話も短く、オウム返しだけになってしまうことの多い方が…
私  「今年も大変お世話になりました。皆様、良いお年をお過ごし下さい。」
Aさん 「あなた様も良いお年をお迎え下さい。」
と、はっきり答えてくれました。

また次の方のところへ。
いつも何を話しかけても「私分からないの。」「どうしたらいいのかしら。」と話す方が…
私 「今年も大変お世話になりました。皆様、良いお年をお過ごし下さい。」
入居者 「(すっとイスから腰を上げ) あ、あ、ありがとうございました。」
と返答してくれました。しっかりと立ち上がって。
短い言葉に込められた思いを感じました。


やっぱり年末の挨拶は特別なものがあって、普段聞けない返事が返って来たのに驚きまいた。また、素直にもの凄く嬉しかったです。

ご挨拶が出来て本当に良かった。

いい年越しになりそうです。
また来年お会いするのを楽しみにしています。


-----さいごに-----

今年一年、このブログで介護にまつわる事例をお話してきました。
実際にお会いした際にブログの感想などいただいたりする機会も増え、私が経験してきたことを伝えることに多少なりともの意味と意義があるのかも知れないなと日々励まされています。
来年もますます精力的に、活動を進めていきますのでご声援いただけましたら幸いです。

それでは、皆さまも穏やかな良い年をお迎えください。
Category: 介護の現場から(事例集)
Published on: Thu,  31 2015 08:00
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment