介護の現場エピソードや、現在の社会問題について情報を発信中。

メニュー

事例051 常連さん

お昼時の混み合った近所のスーパーでの出来事です。

素敵な毛皮を来て、オシャレな眼鏡をかけた“ご夫人”という呼び名が似合いそうな女性が私の前に並んでいました。
歳は50代くらいでしょうか。

手にはパンと栄養ドリンクをもったまま、やっと順番が回って来たレジで、「タバコ○○番下さい。」と、タバコをお願いしました。


店員さんが、「そちらの商品もお預かりします」と促すまで、手に持ったままのパンと栄養ドリンクのことを忘れていた様子で、苦笑いしてレジ台に商品を置きました。
店員さんが料金を伝えると、素敵な毛皮のポケットから、くしゃくしゃになったレシートやら小銭やら、糸くずやら、アメの袋やらがボロボロと出てきました。

そう言えば、その方は鞄も財布も持っていません。
(あれ??何かおかしい。)
私はそう思ってみていました。


女性はレジ台に広げたたくさんの小銭から、料金分を数えようとしますが、うまく小銭を選ぶことが出来ません。
こうかしら?と、やっと選んだ小銭も違っていたらしく、業を煮やした店員さんが料金分だけを集め、お会計します。

気になって、その女性をよく見ると、素敵な毛皮を羽織っていますが、したに履いているパンツや靴が随分汚れています。

残りの小銭やくしゃくしゃのレシートたちをまた同じポケットにしまい込み、レジを去るのかと思いきや、こんなことを言います。
「お姉さん、私、このドリンクここで飲んで行くから、ゴミ捨てて下さる?」
そう言って、レジ台の前で栄養ドリンクを空け、ごくごくと飲み始めます。
若いレジの店員さんは、え?という顔をしながら、後ろに並ぶ人がイライラしているのを分かってか、こちらのことも見ずに黙って下を向いてしまいました。


これじゃレジが進みませんが、そんなこともおかまい無し。
女性は飲み干した後、そのゴミを店員さんに渡し、もう去るだろうと思ったら、また店員さんに話しかけます。
「私、小さい頃からここに来てるのよ。ここでしか買い物しないの。」
「私はパンが好きなの。小さい頃はさ…」


私はたまりかねて
「あのー、レジよろしいですか?」
と、その方に声を掛けました。

すると「あら、どうぞ。」と、あまりにも悪気なさそうにあっけらかんとした声が返ってきました。


店員さんが私に平謝り。
気になったので聞いてみると、昔からお店を利用されている常連さんなんだとか。
一日一回は必ず来店されるらしいのです。

「でも最近言動が変なんです、さっきみたいに…」と、教えてくれました。

この女性は、会計を忘れたり、支払いが難しかったこと、周りを気しない行動や、清潔が保てていないような服装から、もしかしたら認知症の症状が出ているのかもしれません。

若く見えても、若年性認知症と診断される方もいます。

彼女の行動に、直接怒る方はいませんでしたが、“変な人”“呆れた人”という周囲の認識がされてしまったような気がします。
もう少し早く気がついてあげられていたら...店員さんが困惑しているのを助けてあげられたら。
そう思いながら混み合うレジを後にしました。

きっとあの女性は、これからも毎日お店に通うでしょう。
この女性が認知症だったとしたら。

お店や、店員さんはどんなアプローチをすれば良いのでしょうか。

例えば、お支払いが難しいことが分かっていたら、最初から一緒に小銭を選んで差し上げることが出来るし、ドリンクを勝手にレジ台の前で飲んでしまう行為は、次のレジを待っている人の妨げにならない場所に誘導して差し上げたりすることが出来ます。
それも、病気をきちんと知らなければ、対応を考えることは難しいでしょう。


そんな時に、地域の方々に活用してもらいたいのが、認知症サポーター養成講座です。

認知症サポーターとは、認知症を正しく理解し、地域の中で安心して暮らし続けられるように見守る人たちのことです。地域で開催している講座を受けても良いし、約10名以上集まれば地域の講師が出張してくれます。

このスーパーの店員さんは、地域に根ざして来たお店だからこそ、常連のお客様の日頃の行動やちょっとした変化に気づくことができたんですね。あの女性のような具体的な出来事が実際にあると、学ぶ方も状況を想像しながら講座を聞くことが出来る気がします。

是非活用してほしいです。

そしてあの女性が、慣れ親しんだ環境や暮らしのリズムを変えることなく、地域に見守られながらこれからも生活し続けていってくれるといいなと願っています。
Category: 介護の現場から(事例集)
Published on: Wed,  23 2015 08:47
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment