介護の現場エピソードや、現在の社会問題について情報を発信中。

メニュー

事例039 初めて担当したお花見企画

写真を整理していたら、短大を卒業してすぐに務めた施設で、初めて私が企画して開催されたお花見の写真が出てきました。

千葉県東金市にある八鶴湖畔で、皆でお弁当を食べている写真。
桜は7分咲きほどで、風が強いのか皆の髪の毛が乱れていて、ちょっと滑稽です。

久々にこの写真を見返して、ふっと、その頃の気持ちを思い出しました。


地方の短大を卒業したばかりで、施設のことも、関東地域の地理さえもわからない私が、初めてお花見企画を任されたドキドキを思い出したのです。

過去に開催された時の企画書を見て勉強したり、先輩にアドバイスをもらいながら、初めての企画書を提出。


そして、準備。

お花見の場所、道のり、途中のトイレ休憩ポイント、施設車両駐車場の確保、到着後の移動経路の確認、休憩ポイント、トイレは洋式か和式か、悪天候の時でも屋根があるか…など。
当日の持ち物は、携帯電話、車椅子、昼食の薬、水、万が一のオムツ類、救急セット…。

先輩方に一つ一つ必要なものや確認事項を教えてもらいました。

そして、仕事が休みの日に場所を下見に行って、場所の雰囲気をつかんでおいたり。
数週間前から、お花見当日の天気が気になって気になったり、もうドキドキの毎日。

(外出レクって、こんなにめんどうなのか…出来ればもうやりたくない。)
はっきりいって、そう思っていました。


さて、当日。
お天気は晴れましたが風の強い日。
せっかく咲き始めた桜も可哀想なくらい風に吹かれています。
私は、入居者の皆さんが転ばないようにと注意して、ヒヤヒヤしながら付き添います。

私はヒヤヒヤドキドキでしたが、入居者の方たちは、桜だ!お花見だ!外出だ!と、待ちに待ったようにワクワクした様子でニコニコです。

お弁当を食べる準備を始めると、
普段物静かで、お話もあまりしない方が、
「わぁ〜!外でお弁当食べるのぉ!」と、嬉しそう。
威勢のいいおじぃちゃんは、
「おい、若いの!弁当よりビールがなきゃ花見は始まんないよ!」
と、急かします。

施設の中にいる時には、見たことのないイキイキとした皆さんの顔を見ていたら、嬉しくてたまりませんでした。

準備は大変だったけど、こんなに喜んでもらえるんだと思ったらまた次の企画もやってみよう!と、自然と思っていました。


それと同時に、私たちが日常の暮らしに取り入れているのと同じように、施設に入居していても、季節や行事を通してイベントを楽しむことが出来るって改めていいことだなと感じました。

この機会をきっかけに、「入居者の笑顔が見たい」、その思いで率先して施設でのイベントを担当してきましたし、あとから入る新人のスタッフにも「行事を担当するのは大変だけど、それ以上に得るものがある」というのを伝えながら一緒にイベントを作り上げて来ました。


普段の業務だけでなくイベントの準備を一緒にやることで、スタッフ間も団結力が強まる気がしています。


忙しい日常業務の中、行事やレクリエーションを考えるのは大変ですが、スタッフ一丸となって作り上げていくことを勉強しながらも楽しむことができたらいいですよね。

徐々に涼しくなってきたこの季節。
夏祭り、敬老会が終わり、ハロウィン、クリスマス会、忘年会…これからも行事が盛りだくさんですね。

今年はどんなアイディアで、どんな良い笑顔を見せてもらえるでしょうか。
私は考えるだけでワクワクします!
Category: 介護の現場から(事例集)
Published on: Fri,  25 2015 01:10
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment