介護の現場エピソードや、現在の社会問題について情報を発信中。

メニュー

事例038 迷子のおばあちゃん

先日、ある施設へ向かうため、駅でバスを待っていました。

間もなくバスが到着する少し前。
買い物袋に傘を持ったおばあちゃんが、警察官に付き添われて、私の並ぶ列までやってきました。
今日は雨の予報はないんだけどな…と思いながらどうしたのかと見ていると、

警察官「○○(地域の名前)に向かうのはこのバスですから、運転手さんに行きたい場所を伝えて下さいね。」
おばあちゃん「お世話になりました。」

(バス停が分からなくなったのか…)と単純にそう思いました。
警察官もその場からいなくなり、おばあちゃんは列の後ろの方に並んでいます。
おばあちゃんの後ろにも人が増えていきます。

バスが来て、どんどんと乗り込んでいき、私は運良く座ることが出来ました。
ふと、後から乗り込む人々を見ていると。

何やら途中でつまっています。
さっきのおばあちゃんが乗車口で運転手さんと話しています。

おばあちゃん「○○一丁目まで行きますか?コンビニがあるでしょ!そこまで行きたいの。」
バスの運転手「○○一丁目のバス停には停まりますよ。」
おばあちゃん「そうじゃなくて…、○○のコンビニよ!交差点のところに交番があるところ。」
バスの運転手「バス停じゃないの?コンビニはたくさんあるし。その辺の交差点に交番があるとこないけどな…」
乗客「私も○○に行くのよ。どの辺なの?」
おばあちゃん「コンビニのとこ。」
乗客「コンビニって言ってもね〜たくさんあるし…」

声をかけてくれた乗客は、話しても無駄、というように通り過ぎ、それを見ていた他の乗客は、くすくす笑っている人も入れば、早くしろ!と怒っている人もいます。

バスの運転手「おばあちゃん、とりあえず中に入って、私の近くにいて下さい。見覚えのある景色が見えたら教えて下さい。近くのバス停で停めますから。」

ひとまず一件落着。
おばあちゃんは運転手の後ろにしっかりとつかまり、立っています。
そのまま、バスは発車。

しばらく走り、そろそろ、その地域に入ります。
いくつかバス停を経由しても、おばあちゃんはここだ、と言いません。

バスの運転手「○○を過ぎますよ。」
おばあちゃん「え?そう?分からないわ…」
バスの運転手「おばあちゃん、これじゃ遠いところまで行っちゃうから、次の駅のバス停の近くに交番があるから、そこで降りてもう一度場所を聞こうね。」
おばあちゃん「…」

ここで前代未聞。
次の駅のバスロータリーを過ぎたところで、バスは停車。
バスの運転手は私たちに「申し訳ございません。」と言い残し、乗客数名を残して、おばあちゃんとバスを降りて、交番まで行ってしまったのです。

エンジンがかかったまま、運転手のいないバスの車内。
どうなるんだろう?と不安に思っていると、後ろに座っていた年配の女性が、
「私、待ち合わせがあるのに…間に合うかしら…」とつぶやきます。
誰かが、チッと舌打ちをしてため息をつきました。
嫌な雰囲気。

私も、施設に向かうために、ぎりぎりの時間だったので、少しハラハラ。

5分くらいして、走って帰って来た運転手は大急ぎで、「参った参った」といいながら運転席に着きます。
マイクで「大変ご迷惑をおかけしました。」と乗客に謝罪し、またバスは走り出しました。



私は、施設での用事が済んだ後、帰路につきながら、この一部始終を思い返しながら歩いていました。すると、

孤立ゼロプロジェクト「絆の安心ネットワーク」

とか書かれた大きな看板が目に入りました。
この地域ではお年寄りを、地域のサービスでつなぎ、見守る取り組みが行われているようでした。


今回のおばあちゃんのことで言えば、警察官、バスの運転手、バスの乗客が関わっています。

警察官、バスの運転手がそれぞれに、出来ることをした結果ではありましたが、結局周囲の乗客の理解は得られず、困った人で、終わってしまっているのが少し残念だな、と感じました。

おばぁちゃんがバスに乗る際に、早くしろよ!と、罵倒されてしまったことは、
最初にバス停を案内した警官が直接運転手に事情を説明してくれたら、おばあちゃんの行く先がもう少しはっきりして、運転手も困らなくて、乗客も待たされなくて済んだかもしれない。

運転手がバスから降りて、乗客を不安にさせてしまったことは、
近くの交番に、無線か何かで連絡するシステムがあったとしたら、バスを降りることなく、どこかのバス停で、警察官が保護してくれるなどしたかもしれない。

地域のネットワークを構築するのは、簡単なことではありませんが、今回のことのような、実際の『困った』から、学ぶべきことはたくさんある気がしています。

お年寄りが迷惑な困った存在に思われて、社会の中で暮らしにくい環境になってしまうのを、少しでもなくしていくシステムが構築されたらいいな。
そう思った出来事でした。
Category: 介護の現場から(事例集)
Published on: Thu,  17 2015 12:30
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment