介護の現場エピソードや、現在の社会問題について情報を発信中。

メニュー

事例035 やりたいを叶えるための準備

私の勤務していたデイサービスは複合型で、有料老人ホームに併設の施設でした。
一階にデイサービスがあり、その上が有料老人ホームです。

ある日のデイサービス。
中庭の見える和室でいつものように昼食をとっていると、身体のお元気な男性のご利用者が
「中庭、随分雑草が生えてきたね。午後少し草取りでもしようか!」
と、ご自分から率先して言ってくださいました。

日差しが照らない日だったので外に出るにはもってこいの天候。
昼食の片付けを終えてから、お言葉に甘えて草取りを開始しました。

男性のご利用者2名と私、軍手に鎌を持ち、夢中で草取りをしているとどこからか女性の声が聞こえてきました。

「すいませーーーん!すいませーーーん!」

声の方を見上げると、2階の有料老人ホームに入居されているおばあちゃんでした。

(ん?顔は見たことあるけど、何さんだろう?)
私はデイサービスでしか勤務していないので、2階のおばあちゃんの事は詳しくわかりません。


「こんにちは!どうされましたか?」と声をかけると、

「ご苦労様!草取り、私にも手伝わせていただけないでしょうか!?」と、おばあちゃん。

(え!?どうしよう…。お元気そうに見えるし、手伝ってもらってもいいんだけど、もし、転倒に注意しなくてはいけない方だったら、何か事故でもあったら…)


いろんなことを考えて、おばあちゃんには少し待っていていただき、内線で有料老人ホームの担当者に確認することに。


「今、デイサービスで中庭の草取りをしていたら、デイサービスの和室の真上に入居されているおばあちゃんが、草とりに参加したいって窓から声をかけてくださったんですが、いかがですか?」

有料ホーム担当者
「あ〜きっとTさんですね。Tさんには問題ないんですけど、今日は職員の数が足りなくて、見守りで付くスタッフがいないんですよ〜。ちょっと無理ですね。Tさんにはこちらから説明しておきますから…。」


「あのー。もし危険がないのでしたら、私も一緒に草取りやってますし、せっかく声をかけてくれたので、少しだけでもどうですか?」

有料ホーム担当者
「いや、何かあったら困りますから…。買い物には一緒に行ったりしますけど、今回みたいなことは初めてですし。」


「そうですか。もし職員さんの手が空いたら、ぜひ一緒にやりたいですね。」


と、結局おばあちゃんが参加することはありませんでした。
このおばあちゃんが、草取りをやっている私たちに興味を持って、参加したい!と意思表示をしてくれたことが嬉しかった反面、おばあちゃんの希望を叶えてあげられなかったことが残念でした。


施設では、行事やレクリエーションを行う際に、その行動にはどんなリスクが含まれているのか予測して、万が一の時の対処を準備してから行動するようにしています。

ご利用者の行動に、ご家族の許可が必要な場合もあります。
それも事業所によって、許可を取るべき家族とのコミュニケーションのとりやすさも違います。

入居の施設となると、契約時、事故報告、体調不良、イベント告知などの際に、連絡を取るようになります。
デイサービスなら、ほとんどの場合が利用時の送迎などで毎回ご家族の誰かしらにお会いでき、その日にあったことや、細かなことをお話しをする機会があります。
報告の内容や密度が変わってきますね。


このことを機に、デイサービスのスタッフも、有料老人ホームに入居されている方のことを気にして、こまめに情報収集するようになりましたし、いろんな場面に備えて両施設のスタッフ同士がどうコミュニケーションをとって対処するべきなのか、ご家族に確認しておくべきことはなんなのかを考えるようになりました。

リスクマネジメントしながらも、ご利用者の“これがしたい!”という希望を、私たちの都合だけで失ってしまわないように、施設・職員全体で考えるきっかけになりました。
Category: 介護の現場から(事例集)
Published on: Thu,  27 2015 22:38
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment