介護の現場エピソードや、現在の社会問題について情報を発信中。

メニュー

事例031 乾杯は(ノンアルコール)ビールで!

最近は、全国各地で夏祭りや花火大会が行われていますね!

各施設でも、夏祭りなどのイベントで盛り上がっていることでしょう。
そんな、夏のイベントからの出来事。


デイサービスでの納涼祭。
スタッフは、はっぴや浴衣を着用!
お昼ご飯は屋台風に、ホットプレートを数台出して、目の前で焼きそばや、フランクフルトを焼いて雰囲気を出します。一気に電気を使ってしまって、ブレーカーが落ちたのなんのってわーわーいいながらも、賑やかに食事の準備をします。

利用者の皆さんも、午前の入浴の後は浴衣に着替えて頂き、準備万端!

乾杯の音頭です。


音頭をとるのは、地元で自治会の会長をずっとされて来たという、90代のおじいちゃん。
お願いします、と声をかけるとスッと立ち上がり、
「え〜みなさん、僭越ながら乾杯の音頭をとらせて頂きます。本日はすばらしい天気に恵まれ、納涼祭にぴったりのお天気となりました!スタッフの方々が一生懸命に用意して下さったお食事と、お祭りを十分に楽しみましょう〜、乾杯っ!」
と、さすがのすばらしいスピーチ!


さぁ、乾杯はもちろんビール!
と、言っても施設内でお酒はダメなのでノンアルコールビールです。

男性の利用者様はもちろん、女性の利用者様も「ノンアルコールって言ってもビールなんでしょ、私はお酒がダメなのよね…」と、いいながら、「でもせっかくだからちょっと試してみようかしら?」と、雰囲気に流されてノンアルコールビールにチャレンジされていたり。

コップが空になったのに気づいたおばあちゃんが、缶を持ってお酌に行ったり、お酌をされるおじいちゃんも「いやぁ〜、○○さんにお酌してもらったビールはうまいや〜!」と、スナックムードに。
普段じゃ見られない光景です。

しばらくして、あるおじいちゃんをふと見ると、顔が赤くなっていて、話し方もちょっとろれつが回らない感じです。「いや〜久々に旨かったなぁ〜」なんて言って。

(あれ?酔ったのかな??でも、ノンアルコールなんだけどな…)と思いましたが、雰囲気で酔えることもあるみたいですね!


祭りは昔から私たちの楽しみの一つで。
人が集まる雰囲気や、屋台のにおい、太鼓の音色なんかを聞いているだけでなんだかワクワクしてくるものですよね!


今年も皆さんのご家庭や施設で、どんな夏の思い出が作られているでしょうか?
Category: 介護の現場から(事例集)
Published on: Thu,  30 2015 08:00
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment