介護の現場エピソードや、現在の社会問題について情報を発信中。

メニュー

事例集022 お泊まりデイサービス

介護保険で宿泊が出来る施設が慢性的に足りないなどの理由から、お泊まりデイサービスが話題になっていますね。

今まで、お泊まりデイは介護保険外で提供されるサービスなので、法的基準がなく、施設任せの状態でした。そのサービス内容や環境が劣悪な事業所がある、とのことで、厚生労働省は運営に関する指針をだしました。

詳しい文書資料はこちら

さて、お泊まりデイサービスの利点を話す際に必ず言われるのは、“利用者家族の介護の負担軽減のため”、という内容。在宅介護を行っている家族のためのもの。という意識の方が多いと思います。

実は、デイサービスで働いている時に、こんな声を聞きました。
それは、あるご利用者様同士の会話です。

Aさん「私たち、こうやってデイサービスに通って、楽しみがあって幸せよね。ここに来ている間は、娘にも迷惑かけないし。娘も、今頃楽してるんじゃないかしら。」

Bさん「そうよね。うちも息子が仕事に行ってしまったら、犬と二人きりだし、話し相手もいないしさ。」

Aさん「このデイサービスは職員さんの顔も覚えたし、私は家にいて気を使っているよりここの方が気楽よ!」

Bさん「私も!たまにはさ、夕飯でも食べて、夜までみんなで気の置けない話でもしてさ、眠くなったら寝てさ、ちょっと旅行に行ったような感じで過ごしてみたいものだわ。」

Aさん「それいいわね!毎日じゃ、嫌になっちゃうけどさ、たまにそう言う日があっても楽しいわね!家族だって、たまにはゆっくりしたいと思うし。」

デイサービスに慣れてきた利用者様から、たびたびこのような話が出ていました。
“家族のために”ではなく、“まず自分のために”。

家族が自分のために世話をしてくれて、毎日ありがたい。
だけど、自分のために何時も悪いな…と、気を遣っている生活からたまに抜け出したい。息抜きしたい。そうしたら、自分のためにも、家族のためにもなる。そのような意味も込められているんですね。

お泊まりデイサービスは、家族の負担軽減のため、と世間では認識されています。もちろん、それも間違いではありませんが、デイサービスの現場から、利用者様の視点に立って見ると、お泊まりデイサービスの使い方が、少し違って見えてきました。
Category: 介護の現場から(事例集)
Published on: Thu,  28 2015 08:00
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment