介護デザインプロジェクト

このブログでは、
介護の現場エピソードや、現在の社会問題について情報を発信していきます。

カゾクロ オンラインショップ

2021年 《新年のご挨拶》 《ブログ再開のお知らせ》

新年明けましておめでとうございます!
皆さんお元気で過ごしていますか?
大変ご無沙汰してしまいましたが、ブログを再開することになりました!

4233354_s.jpg

これまでこのブログでは「介護の現場から」として介護士としての施設現場のエピソードを書いてきました。263もの記事を書き続けてきたのにはこんな想いがあったからです。

『介護施設の現場経験から、沢山の利用者と出会い、その家族の思いに触れる機会がりました。
それは嬉しいことであったり、時には悲しいことであったり、腹立たしく思うことや、感動したことなど、様々な感情がありました。
改めてそれを自分の家族に置き換えて考えてみたら、自分や家族の将来のために活かせることがたくさんあったんです。だからその事を一人でも多くの世の中の皆さんに知ってもらうことができたら、誰かの気づきのためになれるのではないか…』

そんな思いで書き続けてきたこれまでのエピソードは、これからも大切にブログに残していきます。

さて、これからはというと…

今私は東北地方の街で子育てをしています。
昨年に関東から東北へ引っ越し、そして何より今年子供が生まれた事により、私の生活スタイルや環境は大きく変わりました。一人暮らしをしている母との距離も縮まりました(高速で1時間半の距離ですが…関東にいるよりは格段に)。

このことから、今まで考え続けてきた親との関わり方にも少し変化が出て来ました。
私くらいの子育て世代(ちなみに私は30代半ばです)のその親は、高齢化してきていて色々心配な年代でもあります。
私の親も60代後半、一人暮らしの不安を口にするようになりました。
忙しい子育ての合間に、どんな風に親と関わっていけるのか、これからはその実体験を書いていこうとおもいます。

介護士として様々な家族の形を見てきた自分だからこそ見えてくる親との関係があると思うんです。
これまでブログで書いてきた事例も参考にしながら、今できることを実践してみる(もしかして子育てしている今だからこそできること、というのもあるかもしれませんね。)そしてそれをお伝えしていくことで、同じ世代の同じ思いを抱える皆さんのヒントになれたら、と思います。

もちろん様々な家庭環境があると思うし、さらにこれまでの親との関係はどうだったかによって、考えも人それぞれだと思いますから、正解を求めるような感じではなく、あくまでも参考として見ていただけると嬉しいです。

「子育てしながら親のこと考えてみた」

これまでの介護経験で見てきた沢山の家族の姿も参考にしながらの『手探り感』も楽しんで読んでもらえるような記事にしたいなと思っています。

ぜひ気軽に読んでみてください!

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。