介護の現場エピソードや、現在の社会問題について情報を発信中。

メニュー

事例集018 職業体験を受け入れて

私の勤めた施設では毎年、職業体験として、小中学校の生徒たちを受け入れていました。

学校側は、いくつかの受け入れ先から、生徒たちが興味があるものを選んで行き先を決めるのだそうです。学生たちに聞くと、商業施設などは人気のようですが、福祉施設は第一希望ではない子がほとんどのようです。

ある日の職業体験も、そのような小学6年生の生徒たちが来ました。
学校で考えて来た課題のシートがあり、『昔の暮らしはどんなだったか』『戦争のことを教えてほしい』など質問が考えてありました。ということで、まずは、隣に座っておしゃべり。

緊張しながらも、自己紹介から部活動の話をしたり、一生懸命話をしてくれています。というか、その緊張を察して、おじいちゃんおばあちゃんが気を使って話してくれている。といった様子でしょうか…さすが年の功。

まだまだ硬い表情だったので、一人の子に「皆さんと話してみてどう?」と質問してみると、苦笑いで、「色々考えて来たんですけど、何を話していいか分かりません。」と返事が返ってきました。
微笑ましいな。と思いながら、その思いをしっかり受け止め、お話タイムは終了。
聞きたいことが十分聞けなかったみたいだな、と思いながら、「大丈夫、自然に話してくれるから。」とだけ伝え、次の作業へ。

おばぁちゃんたちと一緒に昼食作りをしてもらいました。

女の子たちは「お母さんの手伝いをしているからできる!」と、緊張もほどけてやっと笑顔です。まずは大根の皮剥き。ピーラーを手にした女の子はしゅるしゅると、手慣れた様子で皮を剥いていきます。
おばぁちゃんはそれを見て、「あら、偉いわね。でも、昔はこんな器具なかったのよ。みんな包丁よ。」と、包丁を使って綺麗に剥いていきます。
女の子たちは「すごい!!」と驚きながら、おばあちゃんから方法を教えてもらっています。

次はその大根を千切り。大きな大根を目の前に、女の子は千切りのやり方が分からず固まっています。その隣で、おばあちゃんは、大根を5センチほどの長さに切り分け、端から手早く千切りにしていきます。

その様子を見ていた子たちは感動!
「すごい!千切りってそうやって切るんだ!!今度家でもやってみる!」と、ニコニコです。

作業がひとしきり終わり、おばぁちゃんが話し始めます。
「昔は今のように調理器具も便利なものはなかったし、食べ物だって、今のスーパーやコンビニみたいに出来合いのものが並んでいる訳ではなかったし、今の人はいい世の中に生きてるわよ。ご飯もスイッチ一つで炊けるしね。」
そんな話から、「ごはんはどうやって炊いていたんですか?」「お釜ってなんですか?」と、自然と質問に。おばぁちゃんも、それに答えるのと同時に、昔の贅沢品の話や戦争時代の食生活を話してくれました。

作業を通して徐々に打ち解けていく様子が分かりました。

午後は、おやつ作り。
今度は、女の子たちの出番です。おばあちゃんにパンケーキの作り方を教えてくれます。
一緒にホットケーキミックスを混ぜたり、ホットプレートで焼き具合を確認したりして、楽しそうに作ってくれました。

みんなで作ったおやつを食べながら、雑談タイム。まるでお互いに孫や自分のおばあちゃんと話をするように、もう仲良しです。


体験の時間が終わり、最後の挨拶。
「最初は緊張したけど、一緒にご飯とか作ってたら、自然と話が出来て嬉しかったです。」
「私、大根の千切り、家で絶対やってみます!」
「また、夏休みに来てもいいですか!すごく楽しかったです!」


きっと、学校で体験先を決めたときは、第一希望の体験先でなくがっかりしたかもしれません。モチベーションもそんなに高くなかったでしょう。

でも、だからこそ、福祉施設を知ってもらえるチャンスだったのではないかと思います。
高齢者の方と話をすることの難しさを感じ、それを打開する為の方法を少し学んでもらえたのかなと思っています。
その上で、楽しかった、また来たい、と感じてもらえたことがとても嬉しく思います。

体験した学生たちの中で、福祉の仕事に興味を持ってくれる生徒が一人でもいてくれたら嬉しいですね。
Category: 介護の現場から(事例集)
Published on: Thu,  30 2015 08:00
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment