介護の現場エピソードや、現在の社会問題について情報を発信中。

メニュー

事例166 施設に入れたら楽になると思ったのに

26e843f89211a8dfe71af22e18962b9b_s.jpg

母親を入居施設に預けた知人Aさんのお話です。
Aさんは40代で、姉弟はいません。父親は子どもの頃に亡くなっています。 父親が亡くなってから、母親は人が変わったようになり、Aさんのことはそっちのけで、男性のところを転々とするようになったそうです。
Aさんが学生の頃は、母親はお弁当を作ってくれたこともなければ、運動会や学校のイベントもほとんど見に来てくれなかったといいます。夜ご飯もお金を渡されて、これで何か買って食べなさい、と言われていたのでした。

愛情を感じることはなく、思春期の頃は幾度となく衝突したそうです。
学校を卒業すると母親のもとを離れ、それから数十年、携帯番号こそ知ってはいましたが、ほとんど会うことなく暮らしていたのでした。

ある日、母親がご近所さんとトラブルを起こしたことによって、Aさんに連絡が来ました。
そこではじめて認知症であることが分かりました。
できないことが増えており、一人暮らしはできない状況にあったため、一緒に住むことになったのですが…
何十年かぶりの母親との暮らし、働きながらの介護は思った以上につらいことの方が多かったといいます。

家に帰ると、「あれがない、これがない…」と騒いでいる母。
次第に自分が盗んだと言われるようになってきて、幾度となく喧嘩をする日々。思春期の頃、喧嘩していた時のことを思い出し、辛い記憶が蘇ってきたといいます。

デイサービスやショートステイも使いながら、なんとか暮らしていたのですが、もう限界だと思った瞬間は、トイレが分からなくなって失禁した時だったそうです。
なぜ私は、あんな母親が汚したズボンを洗ってあげているのだろう…苛立ちと悔しさで、涙がこぼれたといいます。
「早く死んでくれたらいいのに」そう思う日が続き、疲れ果てていたAさんは、ケアマネージャーさんの勧めで母親を施設に入れることを考え始めました。

ケアマネージャーさんからは「ちゃんと見学して、いいところを選んであげてください」と言われましたが、もう関わりたくないというのが先に立って、とにかく空いているところが見つかったら、すぐに入居の契約をしました。

『もう母親とは関わらなくてよい。』

そう思っていましたが…
Aさん曰く。
「母は施設に入居してから、「帰る、娘に連絡をして!」と、騒ぎ立てるので、たびたび施設の方から連絡が来ました。そのうえ、血圧が高い日が続いている、微熱がある、転んだ、ベットから落ちた、どこかにぶつけてけがをした、と頻繁に連絡が入ります。さらに福祉用具が必要になったり、合わなくなって新しいものに変えたり、施設の預かり金が無くなると、補充が必要だったり、衣類も新しいものが必要になったり。何かしらと連絡が入ります。また、家族会に出席してください、イベントがあります…。などの連絡も。
もう、施設に入れたのだから施設でやってくれと言いたかったけど、そういうわけにはいかないのですね。」

施設によって、家族とのかかわりと言うのは様々です。
多少の状態変化には対応してくれる施設もあれば、些細な変化でも家族に報告・連絡が来る施設もあります。状態によっては呼び出される場合もあります。
子育てや仕事で忙しいご家族に、頻繁に些細な報告が来て、頻繁に呼び出されることがあったとしたら、それの方がストレスになってしまう場合もあります。
入居契約の際に、どんな時にどういう対応をしてくれる施設なのかをしっかり聞いておく必要があります。看護師さんが常勤でいるのか?見守ってくれるスタッフさんは人員不足ではないか?そのような部分も、判断の基準の一つになるかもしれません。
また、家族からの要望はきちんと話しておくべきだと思います。
このぐらいのことだったら、緊急での連絡はいりません、とか、メールに残していただければ大丈夫です、とか。要望をのべておくことも大事です。

いずれにせよ、家族への配慮もしてくれる施設を選びたいものです。
Aさんは気持ちの余裕がないままに空いている施設を決めてしまった、と言うことが、後から後悔につながったようです。
シニアの方が集まる集会に行くと、介護が必要になったら、家族に迷惑をかけたくないから施設に入る、と言う声をたまに聞きます。施設に入ったからと言って、家族と関わりが絶てるわけではありません。介護度が上がっていくと、より家族のかかわりが必要になってくることもあります。

施設選びの際には、『入居後の施設と家族の関わり』の部分も参考に選ぶとよいですね。
Category: 介護の現場から(事例集)
Published on: Fri,  02 2018 10:40
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment