介護の現場エピソードや、現在の社会問題について情報を発信中。

メニュー

ママの働き方応援隊さんの赤ちゃん先生クラス

IMG_1784.jpg

“ママの働き方応援隊(通称ママハタ)東京葛西校”さんにお会いして活動を拝見しました。
写真は、高齢者施設での「赤ちゃん先生クラス」赤ちゃんとそのお母さんにとって『今しかない』この瞬間。
施設のお年寄りに囲まれた赤ちゃん達は、最初は緊張してママからはなれませんが…
30分もすれば…
IMG_1789.jpg IMG_1786.jpg IMG_1788.jpg

赤ちゃんがいるだけで、自然と顔がほころぶ入居者の皆さん。
「見ているだけであきないね〜」「赤ちゃんは久しぶりに見たね〜」
IMG_1787.jpg
感極まって泣いてしまう方も。

ぐずって泣き続ける赤ちゃんのお母さんに「こういう時は失礼と思わずに、一旦会場から外れて静かな場所に出してあげると落ち着くのよ。」なんていうおばあちゃんからのアドバイスも。

お母さんにとっても、高齢者の皆さんと過ごすというのは貴重な時間の様です。
聞けば子育てというのは、デメリットに言われてしまうこともある様です。
子供がいるから、働きに出られない。
子供がいるから、自分の時間がない。
子供がいるから、いつも余裕がない。

なにか、介護の悩みに繋がる部分があるような…。

子育て中がメリットになる働き方を作ることを目指した“ママハタ”さん。
赤ちゃん先生クラスは、ご挨拶、ふれあい、一緒に歌いましょう(手遊びなど)の1時間。
ご興味のある施設様は、介護デザインプロジェクト 小子内までご連絡下されば、担当の方にお繋ぎ出来ます。
内容説明やお試しの時間も設けて下さるそうですよ。

高齢者施設以外でも…
小学校、中学校プログラムでは、赤ちゃんとの触れ合い等を通して「命の偉大さ」についてを感じてもらえるようなお話や体験の時間を作っているそうです。

高校生、大学生プログラムでは育児体験を通じて、親になる準備、結婚出産を視野に入れたキャリアの確立へ毎回成長する赤ちゃん先生とその母親との定期的な触れ合いから親になるということを体験を通して学ぶことが出来るのだそうです。

ご興味のある方はこちらまで
https://www.mamahata.net/
Category: チカコのオコナイ
Published on: Fri,  17 2017 08:00
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment