介護の現場エピソードや、現在の社会問題について情報を発信中。

メニュー

事例147 衆議院選挙2017 各政党の高齢者福祉に関する政策まとめ

0042c213c2c9b690dc8b852a19e23ccd_s.jpg

10月22日(日)衆議院選挙がありますね。
連日、テレビや新聞で選挙に向けた様々な動きが報道されています。

私たち一人一人の意思表明として選挙に行くことはとても大切だと思います。
日々、各党の動きをチェックしておくべきなのでしょうが…
忙しい仕事や家事の合間に、すべてを把握するのはやはり難しいです。

先日グループホームでも、入居者の方と選挙の話になり、おばあちゃんが一言。
「長生きしても、肩身のせまい思いをせずに、明るく生きられるようになるといいね」
と話してくれた方がいて、みんな微笑みつつ、確かにな…と思ったのでした。

ということで、気になることはたくさんありますし、ほかの関連部分も知りたくなってしまいますが、介護・高齢者の部分に絞って、各党のホームページに掲載されている公約の中から抜き出してみました。


●自由民主党
「子育て・介護」の問題を解決することが不可欠。「全世代型社会保障」を目指す。「介護離職ゼロ」に向け、20年代初頭までに50万人分の介護の受け皿を整備し、介護人材の処遇改善を進める。
*自由民主党 政権公約2017 https://jimin.ncss.nifty.com/pdf/manifest/20171010_manifest.pdf

●希望の党
医療・介護・障害福祉についての毎月の自己負担額を合算し、上限額以上の負担をしなくてもよい「総合合算制度」を導入。
基礎年金、生活保護、雇用保険などをベーシック・インカムに置き換えることを検討。医療・介護・障害福祉に関する世帯ごとの自己負担額を合算し、所得や資産に応じた上限額以上の負担は公費で補てんする「総合合算制度」を導入。
*希望の党 政策について https://kibounotou.jp/policy/

●公明党
低年金者対策…最大月額5000円(年6万円)を支給する「年金生活者支援給付金」を前倒し実施
65歳以上の介護保険料軽減…対象を特に所得の低い高齢者から、世帯全員が市町村民税非課税の高齢者すべてに拡大。
*公明党 2017衆議院選重点政策 
https://www.komei.or.jp/campaign/shuin2017/manifesto/manifesto2017.pdf

●日本共産党
年金削減をストップし、最低保障年金の導入により無年金・低年金の解決に踏み出し、今も将来も信頼できる年金制度を確立
*日本共産党の重点政策 http://www.jcp.or.jp/web_policy/2017senkyo-seisaku.html

●立憲民主党
保育士・幼稚園教諭、介護職員などの待遇改善・給与引き上げ
診療報酬・介護報酬の引き上げ、医療・介護の自己負担の軽減
*立憲民主党 政策パンフレット https://cdp-japan.jp/img/common/pamphlet.pdf

●日本維新の会
公的年金制度を賦課方式から積み立て方式に移行
高齢者雇用の創出を図ったうえで、年金の支給開始年齢を段階的に引き上げ。
医療費自己負担割合を、年金で差をつけるのではなく、所得に応じて差を設ける。
地域における医療と介護の切れ目のないサービス提供。がん患者の緩和ケアをはじめ、我が家で療養できる在宅医療の基礎を整備する。
*日本維新の会 マニフェスト https://o-ishin.jp/election/shuin2017/common/pdf/manifest.pdf

●社会民主党
「年金カット法」(2016年)の見直しを求めます。基礎年金をマクロ経済スライドの対象外とします。将来的に、「最低保障年金」制度をつくり、低年金・無年金を防止します。
国民の年金積立金をリスクにさらす運用を止めさせます。年金の振り替え加算の支給漏れの徹底究明と受給者に不利にならない対応を強く求めます。
「認知症基本法」を制定します。
介護保険外しや利用者負担の引き上げなどの「介護の自己責任化」に反対し、高齢者の尊厳が守られ、住み慣れた地域で安心して生活できる介護保険制度を確立します。利用者負担の3割負担の新設や、要介護1・2の生活援助サービスの介護保険からの切り離しを許しません。
計画的に特別養護老人ホームを増設し、入所待機者をなくします。
介護従事者の賃金の引上げなど処遇改善を図り、介護人材の養成、確保に取り組みます。
家族が自身の生活と介護を両立できるよう、介護休業制度の改正、「レスパイト(休息)ケア事業」(家族介護者の休養支援、要介護者の一時預かり等)などに取り組みます。
*社会民主党 理念 http://www5.sdp.or.jp/vision/vision.htm

●日本のこころ
消費税を払うとマイルが貯まって、65歳を超えた時に還付される制度を私たちの党は提案しています。
*日本のこころ 重点政策 http://nippon-kokoro.jp/news/policies/policy290930.php

各党それぞれの公約の中から、財源は?とか、具体的には?という疑問が出てくることでしょう。
ぜひ、そこから興味をもっていただき、お住いの地域の候補者の言葉と合わせ、しっかりと選んでみてはいかがでしょうか?
Category: 介護の現場から(事例集)
Published on: Thu,  19 2017 08:00
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment