介護の現場エピソードや、現在の社会問題について情報を発信中。

メニュー

“ラン伴”って何? 〜浦安での風景〜

認知症になっても助け合えるまちを表現したい!

まずは私が実行委員としてお手伝いをした、『ラン伴千葉 うらやす』のご報告。

総参加人数 180名。
認知症の方、施設利用者、家族、福祉関係者、自治体、企業、学校関係者、地域住民…の皆さんのご協力により、
笑顔あふれるイベントとなりました!
IMG_5800.jpg IMG_5146.jpg IMG_4573.jpg

会場となった、浦安市総合公園はオレンジで染まりました。
通りがかった一般の方々は、「何のイベント?」と、不思議そうにポスターをながめている方々が沢山。
主旨を説明すると、「そんなイベントもあるんですね!初めて知りました!」と。
IMG_4317.jpg IMG_4720.jpg IMG_4637.jpg

認知症という言葉は、マイナスイメージがまだまだ強いです。
それはなぜか?
出会うきっかけがないから、イメージが先行してしまうんです。
だれでも皆、歳をとります。一人じゃ出来ないことも増えていきます。
認知症になっても、誰かが側にいる、助けてくれる人が沢山いる、そしてやりたいことが出来る!ってことを、世の中に発信していきたい!

来年は、今年出来た繋がりの輪をもっともっと大きくしていきたいと思っています!

参加者全員がタスキを繋ぐ風景、そして沢山の笑顔!
“ラン伴千葉 うらやす” 実行委員からの依頼を受け、作成した報告動画をご覧下さい。 


ラン伴って何?
ラン伴(“らんとも”って読みます。)

◆イベントの目的は?
認知症の人にやさしいまちを目指し、地域をつなぎ、社会を変える大きな力にする

◆何をするの?
タスキリレーをします。
走るのは苦手…という方は、もちろん歩いても車椅子でも大丈夫!

◆誰が参加するの?
どなたでも大丈夫です。
参加するには、事前エントリーが必要ですので、詳しくは…
公式サイトヘ!http://runtomo.org/
走らないけど、応援に行きたい!という方は、是非、当日会場へ!

◆なぜリレーするの?
リレーとは“メッセージを伝える”という意味があります。
支えあって暮らしていける地域社会を目指して、皆が協力していきましょう!という気持ちです。
ゴールを目指してたくさんの人がタスキを繋ぎます。

◆いつ、どこでやってるの?
今年(2017年)は35の都道府県で開催されています。
開催日は各都道府県、地域によって異なります。こちらもラン伴公式サイトをご確認下さい。
公式サイト http://runtomo.org/
※開催内容は地域によって異なりますので、こちらもご自分の地域ではどのように開催されているのかをご確認下さい。
Category: チカコのオコナイ
Published on: Thu,  28 2017 22:25
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment