介護の現場エピソードや、現在の社会問題について情報を発信中。

メニュー

事例138 ケアマネージャーとの出会い方

オムソーリ

母親と叔母2人の、計3人を介護しているAさんと出会いました。
そのAさんが、ケアマネージャーについて話をして下さったので、今回は良いケアマネージャーと出会う為の方法をお話します。

Aさんは母親と2人暮らしをされています。
母親は要介護2、病気のリハビリの為もあり、日中は週に2回デイケアに通っています。デイケアに通っている間、その他にも時間を作って仕事に行き、ほぼ一人で医療費や介護費用を負担していらっしゃいました。(Aさんには弟さんがおり、金銭面の支援は多少ありますがわずかばかりで、介護の時間もお金もほぼAさんが負担しているそうです。)

少し離れたところにいる2人の叔母は、子供がおらず、どちらも一人暮らしです。そのため、叔母2人の介護サービスについてもAさんが面倒を見ています。2人とも80代を超えているので、今は元気でもこれからが心配になります。ますますAさんの負担が心配されます。

介護サービス費は介護保険では1割分が自己負担です。(所得により2割の方もいらっしゃいます。)いくら1割の負担と言えども、使い方によっては万単位の負担金が発生します。

介護サービスが必要→サービスを使うためにはお金がかかる→働かなくてはいけない→一人で家には置いていけないので、またサービスを増やす→サービスを増やすとお金もかかる→働かなくてはいけない。。。

負のループで苦しんでいる方も多いと思います。特に、負担が1人にかかっているとこれが起こりやすくなります。

すでに介護サービスを使っているならば、介護と仕事のライフワークバランスを相談したりするために、家族が一番に心の拠り所としたいのは、ケアマネジャーさんだと言う方が多いです。

Aさんもこのようなことを言っていました。
「母のケアマネジャーさんはとってもいい方で、“忙しいでしょうから、お仕事で介護に関わる様々な手続きが難しいときは、相談してください。もし代わりに出来ることならやりますよ”と言ってくれたり。私が一人で介護をしながら仕事をしていることを気にしてくれて、細い部分まで気にかけてアドバイスをくれます。しかし、叔母2人のケアマネジャーさんは、いつまでに書類をとってきてください。とか、やってください。と、事務的に話されることが多くて。それに、お願いしたことも忘れることが多々あって。連絡すると、あ、忘れてました。で済まされちゃう。なんでケアマネジャーさんによってこんなに違うんだろう。と思っています。叔母たちのケアマネジャーを変更しようかとも思いましたが、叔母たちが、面倒だから今のままでいいわよ。と言っているので、なんとなくそのままになっています。」

“ケアマネジャーの質”については、これまでやってきた経験が介護系か医療系かによって、担当するケアマネージャーの作るケアプランの着眼点が違っていることがあります。家族との関わり方も違っていたり、さらに、制度やマネジメントの知識だけでなく、自治体や地域の情報を日々取り入れたりする習慣があるか、また、独自でコミュニティを広げている方がいる反面、あまりそのようなことは行わない方もいたりと、個人の意識の差も大きいようです。

人間対人間ですので、相性というのもあるとは思いますが、やはり、家族や本人が必要なことや求めていることにしっかり耳を傾けてくれて、かつ、情報や知識を豊富に持っている方に出会いたいですよね。

私がこれまで聞いてきた中で、信用性が高いのは、「ご近所さんで介護をしている方からの評判」だったり、「地域で行われている、コニュニティカフェや介護相談会などで得た情報」です。

私はある地域のカフェや介護関係者が集まる会によく参加するのですが、介護の相談をしたいとか、ケアマネジャーを探している、と言った話の時に、必ず名前の上がる評判の良いケアマネジャーがいます。

良いケアマネージャーに出会うには、もちろん地域包括支援センターで相談するのも良いと思います。
そのほかの方法として、コニュニティカフェのような、介護をしている家族などの話を聞ける場所で、情報を得るのも一つの手です。

みなさんの周りで、もしご家族や親戚、友人知人で、悩んでいる方がいたら、是非お伝えしてみてください。

私がたまに伺う、介護関係者が集まるカフェはこちら
オムソーリカフェ  http://sumitai.ne.jp/urayasu/2017-07-27/46257.html
和みかふぇ http://dongurinoki.info/?p=1199


雰囲気を掴む参考になれば、とおもいます。

オムソーリ カフェさんでは、家族年表を作るノート「カゾクロ」を展示してくれています!
和みかふぇさんでは、講演ライブを行ないました!

まだまだたくさんの素敵な交流会があります。
ご自分の住む地域では、どんな集まりがあるのか教えて欲しい!という方は、是非介護デザインプロジェクトへ、ご連絡下さい。

 
Category: 介護の現場から(事例集)
Published on: Thu,  17 2017 08:00
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment