介護の現場エピソードや、現在の社会問題について情報を発信中。

メニュー

“つなぐ”レポート③ 2016/11/26 医会塾総会

『医療』×『介護』

医介塾 第一回 総会が開かれました!
久々の六本木。
みんな、可愛いツリーを撮影する中、私には被写体としてこちらの方が魅力的でしたが…


塾長のさくらライフグループの小林さんとの出会いから、副塾長としてお手伝いをさせて頂いているわけです。
猪飼さん、各塾長、副塾長の皆さんとの出会いも縁。
『縁』というものの大切さを切実に感じている今日この頃。

そして、総会。
医介塾に関わってまだ数ヶ月、新参者ながら受付を担当し、300人の参加者の皆さん全員…とはいきませんが、
またもやたくさんのご縁を頂きました。


介護畑を歩いて来て10数年。医療との距離を感じてきました。
ある時には、某有名病院の事務長とか言う方と話をした時に、

「特養に住んでいる人は、食べて排泄するだけの老人」
障害施設でイベントを楽しむ利用者を「バカ」
と表現した人がいたことで、私の医療への壁はシャットダウンした時期もありました。

しかし、その後セミナーやイベントを通して出会って来た方々の中には、患者さんのために医療以外の分野の仕事を理解したいと積極的に介護士等と関わろうとしてくれる医師や看護士、地域連携室の方々がいました。

医療と介護をつなげる。
地域包括支援システムの構築の中で、私たちが出来ることって沢山あります。
私たちが繋がることが、どこかで困っている方の助けになる。

 第一回市川医介塾

改めて、小林塾長に感謝しながら、これからも市川医介塾、各地域の塾も盛り上がって行くといいなと思っています!
皆さん、是非一度ご参加下さいね!

次回、市川医介塾は12月22日(火)!
詳細はまたFBページにて!
Category: チカコのオコナイ
Published on: Mon,  28 2016 23:49
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment