介護の現場エピソードや、現在の社会問題について情報を発信中。

メニュー

事例098 高齢者ドライバーによる事故を受けて



10月28日午前8時5分ごろ、横浜市の市道で、歩道側を歩いて登校していた小学生の列に軽トラックが突っ込み、6歳の男の子が死亡、小学生ら合わせて11人がケガをしたというニュースがありました。

警察の調べでは、軽トラックを運転していたのは、87歳の高齢者の男性。
男性は「事故現場までどのように行ったか覚えていない」と話しているそうです。

この事故を受けて、今一度高齢者の運転について考えてみたいと思います。

今まで何度か、高齢の親のいるご家族からこんな相談を受けたことがあります。 「もう歳だし、免許証返した方がいいんじゃないかと思っているんですが。」
「何かあったら大変だから、免許の更新は辞めさせたいのですが。」
などと、なんとか車の運転を辞めさせようとする家族が多かったです。

しかし本人は「まだ大丈夫」という意志が強く辞めさせられない、というのが大半でした。
長年運転をしている方なら分かると思いますが、車は荷物も運べて便利ですし、車移動に慣れてしまった人にとっては、電車やバスなどの交通機関を使うことはとても煩わしく感じます。
また特に男性で多いのが、車自体やドライブが趣味という方です。
車を自分なりにカスタマイズしたり、友人や家族を乗せてドライブを楽しんだりすることが好きという人も少なくありません。
また、いい車に乗っていることやそれを運転していることがステータスであったりもします。
車の運転は、その人の生き甲斐であったりもするんですね。

しかし年をとって判断能力が低下すると、車の運転はより危険になっていきます。
今回の事故のような高齢者の自動車事故は増えています。
事故は自分だけではなく、他の車や歩行者などを巻き込む可能性がありますから、なるべくそうなる前に運転を辞退することが重要です。

運転が出来なくなって一番困るのは、今まで車で気軽に行けていたところへ行けなくなることです。
車がなくなっても今まで通り行きたい場所に行ける、ということを分かってもらえたらもしかしたら気持ちも変わるかもしれません。
運転免許証を自ら警察に「自主返納」すると、運転免許証のかわりに「運転経歴証明書」を発行してもらえます。
「運転経歴証明書」を持っているとバスやタクシーの割引ができたり、宿泊施設や観光施設の割引ができたりするようです(自治体、企業、団体によって異なります)。
この「運転経歴証明書」は本人確認の証明にもなるそうなので、免許証と同じように財布などに入れておくことが出来ます。

交通機関がそろっていると言っても、いままで使ったことがないものを使うのは不安なものです。
例えば、バスにほとんど乗ったことのない人が一人で乗るとなったら分からないことがたくさん出てきます。
乗り場はどこか、どこ行きに乗ればいいのか、料金はいくらか、など。
最初だけでも家族が一緒に付き添って不安を解いてあげることが出来たら、一歩踏み出せるかもしれません。

車に乗って出かけることが出来なくなると、自由さと行動範囲が狭くなります。
そうなると、気持ちが落ち込んだりして、気力を失ってしまう方も少なくありません。
仕事や役割を持ったり、地域のイベントやデイサービスなどを活用したりして、新しい生き甲斐を一緒に見つけていくことも重要です。

ある家族がこんなことを教えてくれました。
父親の免許更新がせまり、家族での話し合いの結果、更新をしないことにしたそうです。
それを機に車も処分することにし、父親は納得してはいたけれど、何となく元気のない日が続いたそうです。
そんなある日、大学生のお孫さんがそれを聞き、おじいちゃんにあるプレゼントをしたのだそうです。
それは腕時計です。
なぜ腕時計?と聞くと、お孫さんはこう答えたそうです。
「バスや電車を使う人って、時間が良く気になるじゃない。
携帯電話とかいちいち取り出すより、腕時計があったらとっても便利だと思って。
おじいちゃんは多分今まで車ばっかり乗っていたから、
あんまり気にならなかったと思うんだけど、これからは必要なはず。
ちょっといい時計して出かけたらかっこいいかなって思って。」

孫から腕時計をプレゼントされた男性はとても喜び、今はどこへ行くにもその時計を身につけて出かけるのだそうです。
大切な家族が歳をとっても前向きに暮らしていく為に、いろんな思いやりの表現があるんですね。
運転をやめさせたい為に「もう歳なんだから」「危なくなって来たから」と出来なくなってきていることを責めるより、これから出来ることを一緒に考え前向きになれる言葉をかけてあげられるとより良いですね。
Category: 介護の現場から(事例集)
Published on: Thu,  10 2016 08:00
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment