介護の現場エピソードや、現在の社会問題について情報を発信中。

メニュー

小さくでも確かな歌の力

江東区のグループホームさんにて


いつもお世話になっているホームにて音楽会!
今回は半分昭和歌謡、半分おこナイトな内容でお送りしました!

曲の内容とそれにまつわる私の思いをしっかりと説明した上で歌いました。
知らない歌は興味が薄れがちですが、皆さんとても真剣に聞いて下さったのが印象的でした。
入居者様、スタッフ、施設関係者の方々…たくさんの世代の人が音楽と想いを共有できたすばらしい
時間でした。

ホームの皆さんありがとう。
Category: チカコのオコナイ
Published on: Fri,  13 2015 01:20
  • Comment: 2
  • Trackback: closed

2 Comments

たかこ  

不思議な力

介護、若い私達が年老いた 老人を世話してやっている!と思っているかのような
介護職員を 見ることがあります。

せまーい世間知らずの若者が、力のなくなったお年寄りに 上から目線で~やって。と言っているのをきくと 悲しくなりますね。
長い間、子育てして妻をして 独身の方も仕事をして 私達よりも ずっとずっと人と関わり、人生の大先輩。

昨日は おこちゃんの歌を聞きながら、
皆さんが 自分の家族を思い出しているかのような表情をされており、一瞬ですが
母として 妻として 戻ったような不思議な時間を感じました。

たとえ認知症になっても 尊敬すべき 私の大切なご利用者様達が、そんな
あったかーい時間を感じてくれて ほっこりしました。

私は ホーム長として 若い職員さん達が この仕事って本当に深くて 人と関わることって あったかいんだな‼と思ってくれるような現場を作りたいと思っています。

おこちゃんの 活動を 応援していますよ!
介護職員だけじゃなくて、みーんなが 少しずつ、お年寄りに優しくなって 少しずつ、支え合う世の中になっていけば 良いね。
普段は忙しくて 忘れがちな 気持ちの余裕を 少し 思い出しました。
ありがと☺

2015/02/13 (Fri) 12:19 | REPLY |   

ちかこ  

コメントありがとうございます。

いろんな家族のカタチがあり、いろんな経験を経てきた皆様の前で、老いについてや、これからの家族像を歌うことは、とても緊張しました。

皆さんの涙や、歌詞に対して、いい言葉だな…とつぶやいて下さったことは、胸に刻まれるほど嬉しかったです。

これからも歌い続けていってねと、背中を押されたような気持ちになりました。

2015/02/18 (Wed) 00:10 | REPLY |   

Post a comment