介護デザインプロジェクト

このブログでは、
介護の現場エピソードや、現在の社会問題について情報を発信していきます。

カゾクロ オンラインショップ

カゾクロ自分史のススメ in 満天昭和自分史サロン

大雨だった午前中から打って変わって、穏やかな谷中の午後。
谷中ぎんざは沢山の買い物客や観光客で大賑わいでした。
ba99c628d3c26ae78550c83136a2ff9b_s.jpg


谷中ぎんざにある、満天ドーナツさん。こちらが今回の会場です。
28945901_1625855607490267_1211841026_o.jpg

【カゾクロ自分史のススメ〜歌う介護士が語る、思い出作り“カゾクロ”の効果】
自分史活用アドバイザーの山川やえ子さんらとのコラボレーションです!

カゾクロ(家族+クロニクル)は、家族年表を作る為のノートです。
kazokuro.png


まず、介護士の私がなぜカゾクロを作るまでに至ったのか…
世の中にカゾクロが必要な理由として、自己紹介をしながら現場エピソードを交えながらお話しました。

介護の現場の経験談を話す中で、皆さんの反応として嬉しかったのが
「介護現場のことを、とっても楽しそうに話していて、そう言う人初めて見ました。介護現場が明るいところなのかもしれないと思えました。」
やはり介護に対するイメージはあまり良くないものなのですね。。。
私が介護士を続けている理由を、世の中に話していく必要性を改めて感じました。

そして、カゾクロとは何か。
カゾクロをやってくれた人のこれまでの反応。
中身の説明。

いざワークショップへ!
kazokuro2.jpg
年表の書き始めは『両親の結婚記念日を知っていますか?』からスタート!
「そんなこと考えたこともなかった!」「私は知ってますよ。」
様々な意見がありました。
皆さんはどうですか?

家庭環境、家族関係は複雑多様です。
家族のことを考えた時、このスタートがしっくり来ない方もいらっしゃると思います。
過去に対して、辛い思いを持っている方もいることでしょう。

『カゾクロ』は家族のこれからを考える為に、家族と話をするきっかけを作るノートです。
3枚の年表になっていて、
①親が子供だったときのこと
家族の歴史を振り返ることによって、「え?そうだったの?」と驚く思いがけない家族の新たな気づきがあったり、アイデンティティーを確立したり出来ます。

②両親が結婚してからこれまでのこと
親子の思い出として「あんなこと、こんなことあったね」と昔の話になることでしょう。思い出を共有したり、忘れていることを思い出したり、そんな時間が楽しかったりします。

③親と私たちのこれからのこと
親はこれからどう過ごしたいのか、子供達はどう生きていきたいのか、改めて家族で共有しあうことってありそうでないものです。「介護」とか「老い」とか言うことにとらわれない、自由な発想でこれからを考えてみませんか?

基本的なカゾクロの書き進め方はありますが、書きやすいところからはじめて頂いて大丈夫です。
自分が「親」の立場で書くのか、「子」の立場で書くのかによっても書き方が変わってきますね。

今回、ご参加の皆さんは様々な年代で、
結婚したばかりです…親のことも考えますが、自分のことを考えると何れは子供も欲しいと思っています。と言う方。
親はもうおりませんので、自分のこれからという立場で考えてみました。
などなど、様々な視点で取組んで頂けたようです。

皆さんからの感想では、それぞれの家族への思いをお聞き出来、素敵なエピソードが沢山あったので、少しづつこのブログ内で紹介していけたらと思っています。

最後に皆さんと記念撮影♪
IMG_2958.jpg

次回のワークショップは…
『母の日企画 おこdeランチ〜カゾクロしよう〜』
5月12日(土)AM11時〜 mau cafe(江東区大島7丁目41-8) 東大島駅 徒歩5分
参加費1,500円 (ランチ、ドリンク付き)

oko_de_lunch_check.jpg

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

事例174 お昼ご飯のニヤリ・ホット

cbdb3b2606218dd3231733c57a65e7b4_s.jpg

「ニヤリ・ホット」と言う言葉があります。

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

事例173 新人介護士さんへのエール

新人

ある介護施設の新人歓迎会。

役員や先輩職員からの挨拶が終わったあと、サプライズ演出で家族からのお祝いメッセージと新人さん達の幼き日の映像がスクリーンに流れました。

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

事例172 家族が語る施設選びの決め手

施設の家族会の中で聞いたお話です。

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

事例171 人手不足のせいにはしたくないけれど

cherry-tree-984545_640 (1)
介護施設では、常に人手不足で毎日ギリギリの人員で業務をまわしているところがあります。

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

健康になりたければ…そうだったのか!

皆さんは、健康でいたいと思った時、何をしようと思いますか?
運動をする。食生活に気をつける。コミュニケーションを図る。

良く思いつくところはこんなところでしょうか?
でも、先日お会いしたこの方のお話を聞いて、また著書を読んで、こんなところにも健康の秘訣があったのか!と、納得してしまいました。

ご紹介するのは…
株式会社 プラナ 代表取締役社長
日本ヘルスケアクリーニング協会 代表理事
松本忠雄 氏
松本

30年間、病院にて清掃の仕事に携わってこられ、亀田総合病院では100人近く、横浜市立市民病院では約40人のスタッフの指導にあたり、現場で育ててきた清掃スタッフは500人以上。
平成9年には、医療現場の環境衛生をトータルマネジメントする会社を設立され、現場で体得したコツやノウハウを、医療、介護施設などに提供しています。

最近では、TBSテレビ「ビビット」やテレビ東京「よじごじDays」にもご出演されました!
松本2

松本先生は『お掃除には健康を守る力がある』とおっしゃっております。
先生の著書はこちら…
松本3


実は間違いだらけだった家の掃除
病気にならない為の正しいお掃除方法、そして継続術
掃除動作そのものが与える健康

目から鱗なお話が沢山でした!

なんと、4月27日(金)たいとう医介塾にて講演をして頂けることになりました!!!

テーマは【病を防ぐ掃除術は、コスト、作業時間の出費も防ぐ!】
感染症にも気をつけなければいけない病院や施設に、また、時間や人手の足りない介護現場でも、
必ずためになるお話が盛りだくさんです!

詳細はこちら…
IMG_2796.jpg

初めての方もお気軽にご参加下さい!参加のご希望は小子内まで。
お待ちしております!

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。