介護デザインプロジェクト

このブログでは、
介護の現場エピソードや、現在の社会問題について情報を発信していきます。

カゾクロ オンラインショップ

事例092 災害対策してますか?



先日訪問した施設で、年に何度目かの避難訓練が行なわれていました。
私も一緒に参加させて頂くことになり、その際に感じたことがあります。

行なわれた避難訓練は、施設内の食堂から出火したという想定でした。
職員が入居者の皆さんに声をかけ、食堂から離れた廊下の先まで誘導し、防火扉を閉めて終了です。

誘導に何分かかったかをストップウォッチで計る担当の職員がいて、1フロア9名の入居者(自立歩行5名、シルバーカー1名、車椅子3名)を、2人のスタッフで誘導するのに3分かからず、慣れたものでした。

避難訓練に参加した、シルバーカーのおばあちゃんがつぶやきました。

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

事例091 人生を輝かせるきっかけ〜はじまりはヒップホップ〜



先日、平均年齢83歳、世界最高齢ダンスグループのドキュメンタリー映画、『はじまりはヒップホップ』を鑑賞しました。

この映画は、田舎町のご老人達が集まる公民館の一つの提案から始まります。
「エンターテインメントの最高峰・ラスベガスで行われる 世界最大のヒップホップダンスの大会に出場しよう!!」


あらすじは以下のような感じ。

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

事例090 口腔ケアでの注意点


口腔ケアについてのお話です。
口腔ケアとは、口まわりの健康を保つ為に行なうケアのことです。
デイサービスなどの通所施設ですと、昼食後。
入所施設ですと、モーニングケア、昼食後、就寝前に口腔ケアを行ないます。

歯垢や歯石、舌苔(ぜったい)等で口の中が汚れていると、細菌が繁殖して粘膜を傷つけ、ウイルスなどが体内に侵入しやすくなってしまいます。
また、細菌が肺に入ってしまうと、「誤嚥(ごえん)性肺炎」の発症にも繋がってしまいます。
きちんと口腔ケアを行なうことによって、口の中を清潔に保ち、口腔機能の低下を予防し、いつまでもご自分の歯で健康に過ごすことが出来るようになります。


私たちにとっては、歯磨きは日常的な動作で、何の迷いもなく出来る動作ですが、高齢者の場合、口腔ケアが難しい場合があります。

例えば、

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

事例089 信頼できる先生を選ぶこと



ある施設で認知症サポーター養成講座を行ったときのことです。

入居者の家族も3名参加されていました。
認知症の基礎知識から治療、予防など様々な視点から話をした講座の最後、ご家族の1人から質問を受けました。

「私の父は認知症状が出てから、同じ病院で診てもらっています。認知症の専門の科がある病院なのですが、本人の症状をみていると、診断や薬の処方にだんだん疑問が出てきて、本当にこれでいいのか?と思う時があるんです。こんな時はどうしたらいいのでしょうか?」

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

事例088 問題解決に向き合う姿勢


ある真夏日の出来事です。
気温が35度を超えたその日、グループホームにて、女性Aさんが私にこう言いました。

Aさん 「部屋が寒くてたまらないの。エアコンつけてくれる?」
私 「え?ついてますよ。消すんじゃなくて?」

Aさん 「そう。つけたいの。」
私 「多分エアコンが効きすぎてるんですよ。一旦、切りましょう。」

Aさん 「なんで?寒いのよ。つけたいの。」
私 「ん?つける?じゃぁ、設定温度を上げますね。」

Aさん 「しょうがないわね、まったく。暖房つけたいのに、他の職員さんがリモコン持っていっちゃったのよ。返してくれる?」


「つけたい」とは暖房のことだったんですね。
こんな真夏日に部屋に暖房をつけるなんて、考えただけでも恐ろしくなりました。


Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。