介護の現場エピソードや、現在の社会問題について情報を発信中。

メニュー

事例083 会話から見つけるヒント

デイサービスで勤務していた時の話です。70代の認知症の男性利用者Aさんがいました。利用を開始した頃はデイサービスに馴染めず、「なぜここに来ることになったのか。」「何をして過ごせば良いのか。」とスタッフに尋ねたり、行きたくないと休みがちになることもありました。私たちも趣味や役割を見つけることが出来ずに悩んでいました。そんなある日、Aさんと話をしていたスタッフが、こんな提案を出してきました。「Aさんと若...

 0コメント

事例082 開かれた施設作り

先日、あるグループホームで認知症サポーター養成講座を行いました。その際、参加者の中にご近所にお住まいの親子もいました。20代の娘さんに60代のお母さん。自宅では80代のおばあちゃんと同居しているのだそうです。2人は、認知症の話は何と無くテレビなどでみているが、実際はどういうものかわからない。ということで興味を持って参加してくれました。...

 0コメント

事例081 あきらめていた旅を、もう一度。〜介護トラベル株式会社〜

先日、友人の紹介で“介護トラベル株式会社”の方に出会いました。「足腰が不自由だし、車椅子だし、そもそも歳だし、トイレも近いし、疲れるし…もう一度い行ってみたい旅行先や思い出の場所はあるけれど、自分が諦めれば誰の迷惑もかけないし。」そんな諦めかけていた旅のお手伝いをするのが、介護トラベルさんです。介護トラベルさんの情報はこちら。http://kaigo-travel.com代表の丸さんから聞いたお話の中で「初恋の人に会いたい...

 0コメント

認知症サポーター養成講座 inスターツケアサービス きらら南砂町

カテゴリー:チカコのオコナイ

2016年07月09日(土)認知症サポーター養成講座の講師を担当致しました。今回は、施設職員に向けての講座の予定でしたが、“地域の方にもおすすめしたい”とのホーム長さんの発案から、若手介護職員がご近所さんや自治会さんを訪ねて回り、講座のお知らせをして回ってくれました。そのおかげで、ご近所の親子さんが参加してくれました。「要介護」「グループホーム」ってなに?介護の仕事に携わっている私たちでは当たり前のことも、...

 0コメント

事例080 忘れられない想い出

グループホームで、入居者の皆さんと歌を歌っていた時のこと。昭和の懐メロに “憧れのハワイ航路” という歌があり、皆で口ずさんでいました。するとある80代のおばあちゃんが「あなたハワイに行ったことある?」と話を切り出しました。どうやら、おばあちゃんにはハワイでの忘れられない想い出があるようでした。子供を三人育てたおばあちゃん。息子さん達は家庭を持ち、娘さんはお嫁に行きました。その頃は二人とも60代を過ぎてい...

 0コメント

100円家事代行の御用聞き!?

カテゴリー:チカコのオコナイ

2016年7月1日(金)いよいよ夏が来たな〜と思うほど、とっても暑かったこの日。初めて高島平という駅に降り立ちました。福祉事業者交流会でたまたま出会った、“マツケン”こと、「100円家事代行の御用聞き」の松岡さんがやっている体操を見学に行ったのです。ちなみに「100円家事代行の御用聞き」さんの詳細はこちら!http://www.goyo-kiki.com100円からの気軽なサービス。生活のちょっとした困りごとが積み重なっていくと、生きに...

 0コメント

保育士のリアルvol.1〜介護士との対話〜

カテゴリー:チカコのオコナイ

2016年7月2日(土)TOKYO PRODUCERS HOUSE保育士さんとのトークイベントで介護士としてお話させて頂きました!介護士というだけで、結婚破棄になった男性の話。保育士さんは職場が変わると立場も給与も一からに戻る現状。処遇改善の為に、私たちが出来ることはなんだろうか?登壇者だけでなく、ご覧頂いているお客様を巻き込んで、様々な意見交換の場所になったように思います。介護も保育も、支える人は支えられる。「大変な仕事...

 0コメント