介護デザインプロジェクト

このブログでは、
介護の現場エピソードや、現在の社会問題について情報を発信していきます。

カゾクロ オンラインショップ

介護業界が抱える問題を話し合おう会2

4月29日(金)
『介護業界が抱える問題を話し合おう会2』に参加!


地域のつながりで介護や日常の困り事を解決できるサービス
『生活サポート・クラウドサービス ケアフル』を運営している久保田亮一様の主催する勉強会です。

今回のテーマは、「介護保険外サービス」について。
途中からの参加になってしまいましたが、様々な業種の方々から意見があったようでした。
要支援1・2の方々の今後(新総合事業について)や、要介護でも軽い方々はこれから介護保険サービスを利用することが難しくなるであろう、ということについて。
そんな中で地域資源の活用について、入浴支援では銭湯事情だったり、具体的な話がありました。

多くの方が参加する講演会のような学びの場もいいですし、今日のように、参加した方々がしっかり顔を合わせて意見を交わせる場というのも良いものですね!

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

事例070 救急車の到着を待つ間に



2人ぐらしの老夫婦の話です。

奥様はデイサービスに通っていて、旦那様が介護をしていました。
奥様がデイサービスに行っている間は、旦那様は庭で趣味の畑仕事をしていました。
送迎の時には野菜がいっぱいとれたからと、たまにおすそ分けしてくれました。

旦那様は夏には裸の大将のように、ランニングシャツに短パンというようなラフな格好をした、気のいいおじさんといった印象の方でした。

ある日のこと、「家内がぐったりして、動かない」と、旦那様から担当のケアマネージャーに連絡が入りました。

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

事例069 介護っておもしろいのよ


都内の健康ランドに行ったときのことです。

その日は土曜日なのにとても空いていました。
脱衣所には数人しかいなく、お風呂から上がったご婦人のお友達同士であろう3人組が、賑やかに話をしているのが良く聞こえました。歳は50代くらいでしょうか。

私が入浴を終え脱衣所に戻っても、その3人組がまだ話していました。

(随分長話してるな…)と思いながら、聞こえてくる話を何となく耳にしながら着替えていると、
3人のうちの1人が話した言葉がとっても気になってしまいました。


「でね、そのお花、おばあちゃんが食べちゃったのよ!もぅ、唖然よ、唖然。」

(ん?おばあちゃんが花を食べた!?)
一体なんの話だろうか…

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

和みかふぇ様

4月17日(日)稲毛海岸 和みかふぇ様へ!

今日のテーマは“笑いヨガ”
“わーっははは!” “やったー!やったー!いえーい!”

最初は、ちょっと恥ずかしい気もしましたが…
笑いが笑いを呼んで、笑顔あふれる会場となりました。

講師の神尾洋一さんによりますと、笑いヨガの効果とは、
脳、免疫系・消化器系・生殖器系・心肺機能等の身体やメンタルヘルスに効果が高いだけではなく、日常生活に笑いや遊び心があふれるようになり、心豊かで快適な毎日を過ごせるようになる、とのこと。

簡単で、誰にでも出来る素晴らしい健康法です!
「笑う門には福が来る」
皆さんも、ふとした瞬間に、“笑い”を意識してみると少し気分が変わるかもしれませんよ!

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

事例068 車の運転をやめさせたい

介護をしている方からの悩みの中で、運転を辞めさせたい、という悩みは多いです。
年をとって判断能力が低下すると、車の運転はより危険になっていきます。

時々ニュースでも、高速道路を逆走して大変な事故を起こしてしまった、などありますし、高齢者の自動車事故は増えています。

事故は自分だけではなく、他の車や歩行者などを巻き込む可能性がありますから、なるべくそうなる前に運転をやめることが重要です。

しかし…

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

“親孝行倶楽部”を知っていますか?

2016年04月05日(火)
株式会社 ユニマット リタイアメント・コミュニティ様に伺いました。
  
きっかけになったのが、この会報誌。
“親孝行倶楽部”

「親孝行」をキーワードに繋がる、全ての人のプラットホーム。
何となく先延ばしにしがちな親のことや老後のこと。面と向かってみると話しにくいことも多いですよね。
この冊子は介護の会社、ユニマット様ならではの経験や実体験から、お役立ち情報、個別相談、サービスの紹介などを行なっているそうです。
「介護を皆で共有しようよ」ということがテーマになっているそうです。

時期的には、これから母の日や父の日がありますね。
ぼんやり“親孝行”ということを考える方も多いのでは?と思います。

今日は、広報担当の吉田様と“介護が始まる前に出来ること”への取り組みについて、色々とお話をさせて頂きました。
“親のこと”を考えた時、様々な視点から情報が得られるようになったら素敵だな、と思っています。

“親孝行倶楽部”は無料で会報誌を発行しています。
住所など必要事項を登録するだけで、お家のポストに届きます。


ご興味を持った方は、是非、こちらのサイトも閲覧してみて下さい!
http://www.unimat-rc.co.jp/oyakoukou/

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

事例067 認知症の症状(暴言・暴力)にどう向き合うか

たびたび介護施設にて、入居者に対するスタッフの虐待事件がニュースになることがあります。
加害スタッフの精神状態が問われたり、施設としての運営方法はどうだったのか?など、スタッフや施設側の対応が非難される中、その度に介護現場からささやかれるのが、“利用者からスタッフに対する暴言・暴力もある”という声です。

確かに私も、認知症対応型のデイサービスに勤めていたときは、そのような方の介護をしたことがあります。

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。