介護の現場エピソードや、現在の社会問題について情報を発信中。

メニュー

事例057 高齢者の引っ越し

デイサービスで働いていた頃、こんな家族がいました。認知症で、物忘れや出来ないことが増えた高齢の親が心配で、地方から自分たちの家へ呼んで一緒に住むことにしたご家族です。しかし、田舎の家から高層マンションに移り住むことになった母親Tさんは、生活に慣れることが出来ず、物忘れだけでなく被害妄想や昼夜逆転が増えるようになってしまいました。「田舎へ帰りたい」「なんで帰っては行けないのか」と、昼夜問わず外へ出よ...

 0コメント

事例056 社会を支えるもの

時折、介護疲れを原因として殺人を犯してしまう、という悲しい事件が起きてしまいます。2006年に、京都府伏見区で起こった事件は、なかでも大変印象に残っています。認知症の母を献身的に介護していたために、職も失い、生活が追い詰められ、心中を決意。母は亡くなったが、息子は生き延びた、というものでした。その後の裁判の判決も、事件の経緯や被害者の心情に寄り添った“温情判決”と話題になりました。私も実際に介護現場で働...

 0コメント

CRAS〜心をつなぐカフェ〜

カテゴリー:チカコのオコナイ

1月16日(土)浦安に昨年新しく出来た認知症カフェに伺いました。認知症カフェとは“認知症カフェ”という名前の店がオープンしたわけではなく、地域や施設のホール・会議室・喫茶店など地域に根ざした場所で開催する、介護の集いのことを言います。地域に住む全ての方を対象としています。今回伺ったCRAS〜心をつなぐカフェ〜は、当代島公民館で行なわれています。当代島公民館には、障害を持つ方への支援を行なっている『NPO法...

 0コメント

浦安市ケアマネージャー連絡会

カテゴリー:チカコのオコナイ

1月15日(金)ショッパーズプラザ WAVE101大ホール浦安市のケアマネージャーさんや、介護事業所の方々が集まる素晴らしい会にお誘い頂きました!情報共有、名刺交換などなど活発な交流があり、大盛り上がりでした。浦安市には素晴らしい事業所があり、素晴らしいケアマネージャーさんが沢山いらっしゃいます!どんどんお知らせしていきたいです♪介護関係者として、地域の方にもっと介護を知ってほしいと思っている。家族として、...

 0コメント

事例055 事故のその後

皆さん、初詣は済みましたか?今回は、ある年のデイサービスでの初詣のお話です。私の勤務していたデイサービスは、隣に小規模多機能型施設も併設していて、その年は両施設が開所して初めて迎えるお正月。「みんなで初詣に行きたい」という利用者様の声を受けて、合同で車に乗って近くの神社へ初詣に行くことになりました。そこは市内で最もにぎわう神社の一つで、人の出入りが多いので、普段の外出よりも付き添う職員の配置を多く...

 0コメント

事例054 ヤングケアラー

10代〜20代前後の若いうちから介護者(介護を行う立場)となった人を、「ヤングケアラー」と呼ぶそうです。そうなった経緯には、親や兄弟が若いうちに病気になったことだとか、核家族化/少子化で家族を看る者の数が少くなっていることなど、様々な理由があります。若くして親を看る立場になると、介護をしていることで時間が縛られてしまったり、周囲からの理解が得られなかったりすることで学校・仕事・結婚などで上手く行かないこ...

 0コメント

2016年 スタート!

カテゴリー:未分類

明けましておめでとうございます!!本当にいい天気に恵まれた年明けですね!気持ちも晴れ晴れします。 我が家の守り神たちとお餅。本日で介護デザインプロジェクトは丸一年を迎えました。昨年は“おこナイト“は6回目を迎え。さらに、“カゾクロ“を発表! 世界で一つの家族年表“カゾクロ”と付属CD“Dear Family”今年はさらに活動の幅を広げていきたいと思います。ご縁を大切に。日々是好日。今年一年も、皆様どうぞ宜しくお願い致...

 0コメント