介護デザインプロジェクト

このブログでは、
介護の現場エピソードや、現在の社会問題について情報を発信していきます。

カゾクロ オンラインショップ

事例集026 現場の声を伝えること

介護の集いや認知症カフェなど、誰でもが介護についての悩みを話したり、息抜きの時間となる場所が地域に増えています。

先日、市川市のデイサービスで開かれた介護の集いで聞いたお話から感じたことです。


■母親を介護している男性の話
母親が脳梗塞で倒れ、後遺症で麻痺が残る状態。
さらに認知症の症状もあったそうです。
病院で紹介されたリハビリ施設は順番待ち。

順番待ちしているしかないものだと思い込み、今後についてや、利用できるサービスについて、何も分からず途方にくれていたそうです。
数週間して、このままリハビリを受けなければ、回復出来るものも手遅れになってしまうと、心配し、たまたま看護師に不安を話したら、病院には相談を受付ける専門の人がいると教えてくれたそうで、病院で相談出来るのは医師か看護師しかいないと思っていたそうですが、その時始めて病院には“ソーシャルワーカー”という存在がいることを知ったそうです。

最初から存在を知っていたら、毎日毎日悩んで暮らす日々を送らずに、しかも、もっと早く、母親に何らかのリハビリやサービスを受けさせてあげられたかも知れないのに。と悔やんだのだそうです。


■妻を介護する男性の話
妻を介護する男性の話。
がんの告知を受けた妻を献身的に介護していらしたそうです。
妻は当時55歳。介護保険はてっきり65歳にならなくてはサービスが受けられないものと思い込んでおり、誰に相談することもなく、病状が悪化していく妻をなんとか一人で5年間支え、65歳の誕生日にやっと、役所に介護認定の申請に行ったら、「特定疾病(がん末期)の患者様は、40歳から介護保険のサービスを受けることが出来ますよ。」と、言われたのだそうです。

慣れない介護。子供はおらず、誰かに相談するということすら、頭にないくらい毎日が一生懸命。
先入観で、妻が65歳になるまではなんとか頑張ろう!と、自分の会社や趣味や、周りのことも全て後回しにして、尽くして来た結果が…と愕然としたそうです。


こんな風にどちらのご家族も、
「知っていたらもう少し楽になれたのに。」
「これからの暮らしについてより良い策を選択できたかも知れないのに。」
そう話していらっしゃいました。

家族の集いも認知症カフェも、当事者が話をして情報共有したり悩みを相談したりするなど、介護者の生の声を聞くことができます。

わたしは、その声を、その場所だけで終わらせることなく、同じことを他の誰かが繰り返さないための未来へのメッセージととらえ、当事者の声や介護現場の今を介護に直面していない広い世代に発信して行きたいと思っています。

未来への準備をするためのきっかけだったり、
ご自身とご家族のこれから、を考えるきっかけになればと思っています。

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

世界の本格料理が食べられるデイサービス!!


市川市東国分にあります『東進デイサービス』さん!
先日の私のイベント“おこナイト”のお知らせが、市川よみうりに掲載されたのですが、記事を見たこちらの相談員さんが連絡を下さいました。

お話してみると、とっても穏やかなお人柄で、介護の経験も豊富な方でした。
デイサービスでは、世界の料理が食べられる。
相談員さんがギター、介護士さんがエレクトーンでドラム機材もあり、すぐにバンドが組める。

一体どんなところだろうか?
早速見学へ〜♪

本屋さんが隣にあって、少し奥まったところにありました。3階建ての大きな洋風の家だな〜という感じ。
玄関先には家庭菜園がしてありました。

玄関を入ると、まず、料理のいい匂いが…
調理の方がいるんだな、と思ったら、施設長さんでした!

この日の利用者様は3名様。
曜日によって違うそうですが、まだまだ、利用者様募集していらっしゃるそうです。
定員は10名だそうです。

午前中は、お一人ずつゆっくりと入浴(家庭の浴槽よりも、少しゆったりしたバスタブでした)。
その間、フロアでは話をしたり、レクリエーションが行われています。

昼食!!
この日のメニューはイタリアン♪
•チキンのカチャトーラ
•マカロニと茹で野菜のセサミドレッシング和え
•卵、パン粉、パルメザンチーズのスープ

写真-3

試食させてもらいました…
頂きますの挨拶の前に、施設長さんが、本日のメニューの説明。
材料から、ちょっとした作り方まで、まるで高級レストランのコースメニューが出てくる時のような感じ。
素敵。

お味も、スープを一口飲んだ瞬間から、まるでイタリアンレストランの味でした!

この施設長さん何者なんだ!?
と、伺ってみると、答えがありました。

なんと、以前は浦安にある『夢の国』で、調理の開発担当をされていたそう!!!
世界の料理を食べ歩いては、夢の国の料理を日本人の口に合うものにしたり、調理の行程を考えたり…
凄い!
さらには、学生の頃から砲丸投げの選手をされていたそうで、マスターズの記録保持者!!!
アスリートでもあるため、エンターテイメントの食事だけでなく、身体に良い食事も分かっていらっしゃる!

凄い経歴の施設長さん。介護は素人ですと言いながら、こんなお話をして下さいました。
「食事は生きる楽しみ、エネルギーです。
介護の世界では、刻みや軟食、とか言って、はじめから刻まれたり、ドロドロの食事が提供されるのが、理解に苦しみます。食事の時は、はじめは必ず、彩りや見た目、香りを楽しんでもらって、「おいしそう」と感じてもらいたいんです。
そうすれば、食も進むし、意欲が違うと思うんです。普通のことですよね。そのあとで、食べにくかったら工夫して差し上げればいいんですよ。」

ごもっとも!!!
皆さんの施設では、いかがですか?
忙しいとか、めんどうが先に立って、食の楽しみを忘れていませんか?

さて、レクリエーションも充実。特に音楽。
さっきまでお風呂介助をしていた介護士さんが、エレクトーンに座ったかと思うと、さら〜っと、昭和歌謡を弾きます♪さっきまでトイレ介助をしていた相談員さんが、ギターを持ったかと思うと、さら〜っと、エレクトーンに合わせます♪
歌詞カードを出して、それに合わせてみんなで懐かしの歌を口ずさみます。
ドラムも、マイクスタンドもあります。
写真 1-2
写真 2-2
音楽が、日常に溶け込んでいるような気がしました。まるで、音楽スタジオでデイサービスみたいな…

さらにこの日、デイサービスの二階では、地域の方や在宅支援センターの方が集まり、『家族の集い』を行っていました。地域の介護者が、今の現状や悩みを、話せるすばらしい時間がそこにありました。定期的に開催していく予定だそうです。


今の時代は、選べる時代です。
色んなサービスの形があって良いと思います。

デイサービスに通っていた方が言いました。
「私は、ここの食事が楽しみなの。大好きなのよ。一度、家族にも食べさせてあげたいのよ。それに、たわいもない話が出来て、歌も聞けて、ここに来ると楽しみがたくさんあって。家にいるよりずーっといいのよ。」

皆さんは、どんなデイサービスに通いたいですか?

東進デイサービスさんでは、見学大歓迎だそうです!一度、見学されてみてはいかがでしょうか〜。




Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

事例集025 拓哉に会いたい

ケアハウスに入居していた、80代のおばあちゃんYさんのお話です。

Yさんはいつも元気。
「昔は社交ダンス、毎晩踊っていたわよ!今でも、いい男が誘ってくれたら踊っちゃうわよ!」
と、冗談もお好きな素敵なおばあちゃんです。

社交ダンスのお仲間にはご自身より若い友達も多く、毎日施設から駅まで歩き、電車に乗って遊びに出かけて、夕方帰ってきます。


Yさんのお部屋にはキラキラした大きなウチワが部屋中にたくさん飾ってあります。
ウチワには “TAKUYA♡” と書いてあります。
そしてYさんの部屋着Tシャツには、胸に大きく“SMAP”と書いてあります。

そうです、Yさんは何を隠そう、大の木村拓哉ファン!
毎年一回、娘さんとコンサートに行くのを楽しみにしています。
スマップのコンサートにはシニア席があるそうですね。


ファンになったきっかけは…
Yさんは、5年前にダンスしている際に、心臓の病気で倒れ、そのまま緊急で手術する大病をしたそうです。
その時はYさんは、精神的にも落ち込んでしまい、退院してからも引きこもりのような状態になってしまいました。
そんな状態を心配して娘さんが、Yさんの社交ダンスのお友達に相談したところ、その中のスマップファンだったお友達が「SMAPのコンサートに行けば元気をもらえるから、一緒に行きましょうよ!」と誘ったそうです。

もともと、「この人いい男じゃない!うちの父さんには負けるけどね!」と、木村拓哉を見てはいつも冗談を言っていたYさん。
娘と一緒なら…と、重い腰を上げて退院後初めての外出でスマップのコンサートに行ってきたそうです。

コンサートから帰って来たら、今までの落ち込みようが一転!!!

「楽しかった!うちの父さんよりいい男だった!!」とご主人のお仏壇にごめんねとウィンクして、大喜びで「来年も行きたい!そのために、毎日健康に気をつけよう!」と、前向きになれたということです。


それからは毎年娘さんとお友達と3人でコンサートに出かけていたそうですが、ある年のこと、そのお友達が急にお亡くなりになってしまい、スマップのコンサートへもその年は行かなかったということです。

でも、次の年には気持ちの整理もついたようで、「お友達の分も長生きしなくちゃね!」と、亡くなってしまったお友達の分も、毎年元気をもらいにスマップのコンサートに行くんだ、と張り切っていたそうです。

私の勤めていたケアハウスにYさんがいらしたその年も、コンサートのチケットがとれた日から毎日のように「拓哉に会いにいけるの!」「外出届は一週間前で良かったかしら?」「コンサート用の服を買いにいくの!」と心待ちにしているのでした。

会いたい人がいるっていくつになっても本当に素敵ですね!

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

事例集024 きっかけは出身地

「母を田舎から呼び寄せたのですが、友達もいないし、家から出ないし、このままじゃ母がダメになってしまう気がして…」と、私の勤めていたデイサービスに助けを求めていらした娘さんがいらっしゃいました。


きっかけは、あるとき娘さんが一人暮らしの母親Aさんに会いに田舎に帰った折に、近所の方から母親についてこんな話を耳にしたことでした。
「最近Aさんの行動が変よ。あんまり外に出ないし、同じ話を何度もしたり。」

この情報がきっかけで心配になり、娘さんは夫婦で相談してAさんを浦安の自宅へ呼び寄せたのでした。
最初はいやがった母親Aさんをなんとか説得し、いっしょに暮らし始めたのですが、夫婦には小学生の子供が2人いて、学校行事や部活動などに忙しく、慣れない土地で戸惑う母親に何もしてあげられない生活でした。

そのうち母親Aさんは家から出かけなくなり、人付き合いもなく部屋に閉じこもりがちになっていき、悩んだ末にケアマネージャーに相談し、デイサービスの利用を勧められました。


デイサービスを利用するためにはまず、相談員が自宅に伺い、契約とともに家族の状況やご本人のことについて情報収集をします。相談員が訪問した際には、母親Aさんの受け答えもスムーズで、「デイサービスか…いってもいいかもね…」と話していたそう。

しかし、いざ利用日になると、「今日は腰が痛いからいかない…」という日が続き、一向に利用出来る気配がありませんでした。

母親のAさんはそのときまだ60代。
若くしてデイサービスを利用するということに抵抗がある上、慣れない土地で、知らない人たちと一日を過ごすのは抵抗があっても仕方がないのかも知れません。

私は、それでもせっかく出会ったご縁なので、どんな場所か雰囲気だけでも見に来て頂くきっかけはないかと思い、娘さんとお話をしていると、私と母親のAさんとの共通点があることに気がつきました。

出身地です。Aさんと私の生まれが同郷で、しかも同じ市内の隣町だったのです。
すぐに相談員から同郷の職員がいることを伝えてもらい、私が迎えに行くことになりました。

玄関先で出会ったAさんは、田舎の訛りがぬけておらず、私も自然につられて同じような話し方になってしまいます。
さらに、隣町だからこそ、学校の名前や近くのスーパーの名前、駅の名前など、話すこと全てがお互いに懐かしく感じるものでした。

「懐かしい、こんな話が出来るなんて思ってなかった、こんなところで出会うとはね!」
と、Aさんの表情が見る見るうちに明るくなっていくのが分かりました。
Aさんはすぐに私の名前を覚えてくださって、「小子内さんがいるから行くわ。」と、デイサービスに来てくれるようになりました。親子ほども歳が離れていても、時には友人のように話をさせてもらったことを今でも嬉しく思っています。

通い始めるとあっという間。
顔見知りの仲間もできたり、車いすの方に気を遣ってくださったり、昼食後の皿洗いを一緒に手伝ってくださったり、とても活動的に過ごしていらっしゃいました。

たまたま私と出身地が一緒だったことで、Aさんの気持ちの緊張がほぐれ、デイサービスに通うことで日常の過ごし方が変わり、ご家族の心配も解消出来たのでした。

皆さんも、慣れない土地で同郷の人と出会うと嬉しいですよね。
慣れ親しんで来た土地を離れ、不安を感じながら生活をしていたAさんにとっても、人一倍の喜びだったのではないかと思います。

私の母も田舎で一人暮らし。
Aさんと話をするたびに、実家の母の姿に重ね、ちょっぴり会いたくなる。
そんな日々でした。

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

おこナイトvol.4

6月7日(日)
おこナイトvol.4〜今よりもっと家族になろうよ〜



日曜日の夜なのにもかかわらず、たくさんの方のご参加ありがとうございます!
みなさんのおかげで、無事に終了出来ました。

これからも、たくさんの方の耳に私の声が届くように、活動していきます!
参加された方からも、参加出来なかった方からも、たくさんのメッセージを頂いて、嬉しい限りです。

ありがとう。


《セットリスト》
1、家族になろうよ…おこナイトの主旨から
2、星のフラメンコ…母の想いでソング
3、皺皺に輝け…介護予防のお話から
4、Dear Family(オリジナル)…介護が始まる前に出来ること
5、母親…昔を振り返って思う、親孝行出来ているかなぁ…
6、私は犬になりたい(オコナイVer.)…実は最後は家族につながる!?
7、手紙(オリジナル)…私の母へのメッセージ

Category : おこナイト♪
Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

事例集023 やりたいことはありませんか?

私たち介護スタッフは、常日頃から、お年寄りの皆さんが残りの人生に、何を望んでいるのか、知りたいと思っています。

例えば、入居されている方であれば、「日々穏やかに過ごせたらそれでいい…」
デイサービスの利用者であれば、「元気に通えるように健康でいたいわね」
私たちから、「何かやりたいことや行きたい場所など、希望はありませんか?」と聞くと、「特別これっていうのはないわね…」と、大概こんな答えが返ってきます。

介護士としては、ここからが本領発揮ですね!
私が勤務していた施設では、日々のコミュニケーションを最も重視していました。
どんな些細な会話でも、そこから、必ず、生きるために必要な、希望や叶えたい夢のヒントがあるんです。

例えば、喫煙する方が、喫煙所でスタッフに話した昔話。

スタッフ「禁煙したことありますか?」
利用者 「ないねー。高校からす吸ってるからね。」
スタッフ「え?高校ですか?不良少年でしたね!」
利用者 「あの頃は、かっこつけてさ、学校の裏で吸って、良く先生にみつかって怒られたもんだよ。だからみんなで海の近くの灯台に良く集まって、タバコ吸いながら悪さ考えてたもんだよ。あの頃の奴らはみんなどうしているかな。灯台にでも久々に行ってみたいもんだよ。」
スタッフ「その灯台は遠いですか?」
利用者 「ここから高速を使えば、2時間ちょっとくらいかな…夜なら俺は下道をぶっ飛ばしちゃうけどね!」
スタッフ「今度みんなで行ってみませんか!?」
利用者 「いいね!最近なかなか行けないからさ。案内するよ!」

この話があってから、デイサービスの企画で、遠足と題して、その方の懐かしの灯台にみんなで行きました。ご自分の昔話や、周辺の名所など、道中に生き生きとお話しするご本人様の様子が忘れられません。

また、新聞に挟まっているチラシを見ていた時に。

スタッフ「今日は金曜日だからチラシが多いですね!」
利用者 「見てこれ!こんなに!やっぱり目を引くのは食べ物のチラシよね。(回転寿しのチラシをみせながら)」
スタッフ「おいしそうな寿司!そう言えば、○○さん回転寿しって行ったことあります?」
利用者 「ないわ。テレビとかでは見たことあるけど、うちではあんまりそう言うとこ行かないから。」
スタッフ「行ってみたいですか?」
利用者 「そうね!ここで連れて行ってくれるかしら?お金は出すからさ!この歳になってもまだやったことないことってあるものね!」
スタッフ「じゃあ、今度のお昼ご飯は、みんなで回転寿しに行きましょう!」

と、近くの回転寿し屋さんのテーブル席を予約して、みんなで食べにいきました。
お茶を入れるところから驚きだったようで、お寿司の皿を取るのも、おそるおそるでしたが、みなさん楽しみながらのお昼に満足して頂けたようでした。

日常生活の会話から、やりたいことや希望を引き出し、楽しみを持って生活して頂く。
施設でも、自宅でも出来ることですね。

一人の希望が、周囲の家族や他の利用者・入居者に広がって楽しみを共有出来ることで、コミュニケーション輪も広がっていくような気がしています。

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

エンディングセミナーに行ってきました。

5月25日(月)
(株)ケアサービス 東葛西デイサービスさんで開かれた、エンディングセミナーへ行ってきました!
ケアサービスさんでは、介護からエンゼルケアまでのサポートを行っています。

葬儀者の種類と特徴、葬儀の際のトラブル、費用、良い葬儀社の選び方まで勉強させて頂きました。
特に費用に関するトラブルが多いようですね。無断でサービスを追加され、後になって高額請求が来たなど、
急な葬儀にドタバタしている隙をついた悪質なものから、インターネットで検索する場合に出ている金額には、含まれていないサービスがたくさんある場合があるなどなど、知っておきたい情報がたくさんでした!
写真 1

最後は、湯灌の儀式を実演!!
残念ながら写真はありませんが、ご遺体役のスタッフの方が、ちょっと笑いをとりつつ、納棺士の方が2人組でご遺体を丁寧に湯灌していきます。シャンプーや身体を拭くための専用液は、遺体独特のにおいを消したり、腐敗を防いだりするものだそうです。

所々家族が手伝いを行い、納棺士だけでなく家族みんなでご遺体を納棺します。

安らかな旅立ちのお手伝いを『エンゼルケア』と呼ぶそうです。
写真-2

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。