介護の現場エピソードや、現在の社会問題について情報を発信中。

メニュー

事例集018 職業体験を受け入れて

私の勤めた施設では毎年、職業体験として、小中学校の生徒たちを受け入れていました。学校側は、いくつかの受け入れ先から、生徒たちが興味があるものを選んで行き先を決めるのだそうです。学生たちに聞くと、商業施設などは人気のようですが、福祉施設は第一希望ではない子がほとんどのようです。ある日の職業体験も、そのような小学6年生の生徒たちが来ました。学校で考えて来た課題のシートがあり、『昔の暮らしはどんなだった...

 0コメント

事例集017 夢のような本当の時間

ケアハウスに勤めていた頃、廊下の片隅に丸いプランターが一つ置いてありました。はじめは観葉植物かな?と思っていましたが、それが実は、入居者の女性Sさんが心を込めて育てていた月下美人だと教えてもらいました。Sさんは70代で性格は明るくお元気ですが、パーキンソン症状があり、いつも足を引きずって歩いていました。スレンダーで背が高く、おしゃれな眼鏡に真っ赤な口紅、いつもロングスカートで上品な奥様。そんな雰囲気で...

 0コメント

事例集016 高齢者虐待のニュースから思うこと

3月31日、記憶にも新しい高齢者虐待に関するニュースがありました。[名古屋市の介護施設で男性スタッフ3人が、90代の女性の鼻の穴に指を入れたり、口の中に手を入れ、いやがる姿をスマートホンで動画に撮影、LINEで共有していた]というニュースです。施設の社長は「悪ふざけをしたのだと思う」と、話していたそう。悪ふざけ!?この出来事のどこが悪ふざけなのでしょうか?事件です。弱いものがいやがる姿を楽しんでいる。そし...

 0コメント

事例集015 家族の本音

デイサービスを利用していた90代の女性、Sさん。認知症で物忘れがひどく、何度も同じ話を繰り返します。難聴があり、耳元で大きな声で話しかけないと聞こえませんし、話し言葉がとても大きいので皆がびっくりして振り返ります。Sさんは明るい性格で、歌が大好きです。「昔は舞台に上がって歌を披露したもんだ!はははー!」と言いながら、お得意の十八番"さざんかの宿"を熱唱します。しかも歌の歌詞通りに…♪曇りガラスを手で拭いて...

 0コメント

事例集014 人に優しく

浦安市にあるコンビニエンスストアで、実際に見た光景です。私の前に並んでいたおじいさんは、お弁当とお茶を買おうとしていました。レジには若いバイトのお姉さん。「560円になります。」おじいさんは財布を広げますが、「あれどうだったかな…」といいながら、もぞもぞしています。後ろに並んでいた私は、すぐに「あれ?」と、思いました。おじいさんは、支払いの仕方が分からないようです。私は急いでいなかったので、どうするん...

 2コメント