介護デザインプロジェクト

このブログでは、
介護の現場エピソードや、現在の社会問題について情報を発信していきます。

カゾクロ オンラインショップ

Webで見かけた "「介護事業所」情報" の記事について、補足的な投稿です.

Facebookの投稿で、こんな記事を知人から紹介してもらいました。

http://www.sankei.com/life/news/150323/lif1503230010-n1.html

介護に関して関わりがなかった人にとっては、「そうなんだ!」
と、関心をもって見てもらえそうなこの記事。

「そうなんだ!」と思えることって、とても重要なことだなって思います。

興味のない人に関心を持ってもらうことは、とても難しいので。

でも…

この記事を、介護や施設利用の仕組みについて知っている人が読んだら、「えっ?」
と、思う記事なんですよね。

そこで…

せっかくですから、こちらの記事についてすこし補足して、
知らなかった方に、正しく介護や施設を利用するための仕組みを知ってもらいたいと思います。


●「リーズナブルな特養は人気…」⇒△リーズナブルなのには理由もある!?
記事では、”特別養護老人ホームは割安で最も身近” とあります。
確かに社会福祉法人や地方自治体が運営する公的な施設なので、低料金で利用できます。
記事の通り、入所待機者の数もかなり多いです。
しかしながら、設備の面やサービスが、民間の老人ホームほど充実していない面もあります。

費用だけにとらわれず、サービス・設備環境・医療面…様々な観点で比較して施設選びをしたいですね。


●「デイサービスの受け入れ時間は上限12時間を14時間に拡大…」⇒△延長加算のある場合には、という条件付きです。

デイサービスって、どこでも最大14時間も受け入れてくれるんだ!と思われた方もいると思います。
いえいえ。違います。
施設によって、受け入れ時間は違います。
一番長い受け入れ態勢の施設で7時間〜9時間。それ以上利用の場合は、延長加算が発生します。
その上限が12時間から14時間に延びるということです。


●「デイサービスの事業所はバブル状態」「入所から通いまで!」「事業所検索はネットで」

インターネットで事業所が比較できて、選べるんだ!と思われたかも知れません。
確かにデイサービスは増えていますし、入所施設も通いの施設も、それぞれの特色を生かした新しい施設が増えています。
インターネットで事業所検索も出来ます。
でも…
インターネットで検索して、ここを利用したい!家族を利用させたい!と思っても、必ずしもそう出来るとは限らないのです。

なぜなら、事業所を選ぶために必ず必要な人がいるんです。

それが、ケアマネージャー(介護支援専門員)です。(以下ケアマネ)

介護保険でデイサービスなどを利用するためには、ケアマネを通さなくてはいけません。

ちなみに、
ケアマネが施設選びに行う行程は、

①アセスメント
家庭環境や本人の身体状況などの情報収集、課題分析などを行います。

②ケアプラン作成
アセスメントで出た課題に対して、その目標達成のための具体的な計画を立てます。

③モニタリング
そのプランの進行具合の振り返りを定期的に繰り返して、ケアプランを作り変えていきます。

④給付管理
介護度によって、使えるサービスの範囲が単位で決まっているので、それが範囲内か、又は自費が発生するか?

などの管理をします。


このような行程を踏まえて、現状に必要なサービス選びをしてくれます。

どんな施設があるのか、家族が事前に知っておくことはとっても大切なことですよね。
インターネットを活用して、情報収集することも一つの手段だと思います。

しかしながら、いざ利用すると言った場合、「家族が自由に利用できる施設を選択できます」と勘違いしないよう、利用までの一連の流れも把握しておくと良いですね。

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

寺のまち回遊展 初参加!

3月28日(日)
行徳【寺のまち回遊展】に初参加しました!!
写真-3
市川でライブを行うのは、初めて!
アウェイ感たっぷりで望んだライブ。
しかも、お寺の本堂!!!
写真-2

そんな心配もよそに、1時間前から「小子内さんを見に来ました!」と、施設勤務時代に出会った
マジックのボランティア中田さんが来て下さり。

さらに、「小子内さんって人がライブやるから、私は行けないけど素敵な歌を歌ってるから見に行ってみて!って言われたから来てみました!」紹介されてと、浦安のボランティアグループキラキラ応援隊の皆様が来て下さり。

さらにさらに、「おこないちゃん!こんなこと始めたんや!?」と、浦安で出会った会社つながりの知り合いが声をかけに来てくれ。つながりって嬉しいなぁ…と、ひしひし感じながら歌い始めました。
写真-5

ライブはというと、後半になるにしたがい、あれよあれよという間に満席に。
ご観覧の皆さんに感謝するとともに、この機会を作って下さった、未来介護プロジェクトの小黒さん、寺のまち回遊展の実行委員の皆さん、妙覚寺のご住職に感謝です。

ありがとうございました〜!!

<寺のまち回遊展 妙覚寺の内容報告>
▶小子内ライブ
▶権現道ウォーキング
 心と身体の姿勢が良くなる!ポスチュアウォーキング!
 講師にポスチュアスタイリストのHANAKOさんを迎えての本格ウォーキング!
▶歌って!脳トレ!健康体操!
 介護福祉士の講師を迎えて、様々な年齢に応じた、健康体操を行いました!
▶ハーブ販売
 栽培から販売までに、高齢者から子供までが携わったハーブ&ポットです!
▶お茶会
 
たくさんの関係者の皆様お疲れ様でした〜〜〜〜!!!



Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

事例集013 「私の話を聞いて…」

デイサービスでのトラブルから学んだお話。

80代の女性Aさんは、浦安育ちで、代々の地主さん。
ご自慢のお父様のお話を良くしてくれました。
「父親は商人で、背が高く男前、東京に行くときはスーツでステッキを持って歩いていくのよ。」

ご本人もお洒落で、身につけているアクセサリーはとても高価な物ばかりで、いつも指輪をたくさんつけてらっしゃいました。

ご自宅に伺うと「あれもこれも持っていきなさい」と、お土産をたくさん持たせてくれようとする太っ腹な性格の方です。

認知症の症状としては、“物が盗られた”などの被害妄想がありました。



もうひとり、60代の女性Bさん。

認知症を発症するまでは生まれの青森にいましが、旦那様を早くに亡くしており、浦安に住む娘様が一人暮らしを心配し、呼び寄せて一緒に住んでいます。

活発な性格の方で、誰にでも気さくに声をかけます。
しかし、ご自宅では鬱の症状が出たり、“誰かが見ている”などの被害妄想が出ることもありました。


同じ曜日に通うお二人。


しばらく通っていると、Bさんの気さくさもあり、お互いに顔を覚えてきて世間話をしたりするようになりました。レクリエーションに一緒に参加するときは「隣に来なさいよ」と、声を掛け合い仲良く過ごしていました。


ある時から、Aさんに“物盗られ妄想”の発言が出てくるようになりました。

最初は「デイサービスに来た時に指輪がなくなった」、ということで、具体的な人の名前などは出てこなかったのですが、しばらくすると、いつも一緒にいて仲の良かったBさんに矛先が向くようになりました。


一緒にいるときは、普段と変わらない様子でBさんと話をするのですが、離れたところにいると、Bさんを指差しながら「あの人、私の指輪を盗ったのよ」と、スタッフに陰口するようになっていきました。


指輪をつけるのは習慣になっているようで、外して施設にきてもらうことが難しかったので、この状況をなんとか改善しようとしました。
「今日の指輪は何本ですよ。」と何度も確認したり、物盗られの発言があるときは、Bさんの名前が出る前に「貴重品は娘さんが全て管理していますから、ご自宅に行ったらちゃんとあります。安心してください。」と声をかけたり、トラブルにならないようにと対策をして気をつけていました。


しかし、ある日、とうとう恐れたことが起こってしまいました。


突然Aさんは、Bさんの席まで行き、言ってしまったのです。


Aさん「あなた!さっき私の指輪盗ったでしょ!」

Bさん「何言ってるのよ!指輪なんてどこにあるのよ!」

Aさん「さっき椅子の下に落としたのよ。それをあなたが盗ったの見たんだから!」

Bさん「何も落ちてないでしょうよ!」



Bさんは突然のことに、泣き出しそうになりながら困惑しています。
別部屋に行き、気持ちを落ち着かせてもらいます。

残されたAさんと、私たち。
予期せぬ行動にスタッフ一同驚きながらも、なんとかAさんに分かってもらおうと話します。


スタッフ
「みんなここにいて見てますから。指輪は落ちていませんから、Bさんは盗ってませんよ。」
「今日は朝デイサービスにくる時に、指輪の数を確認して来ていますから。」
「Bさんは盗ってませんから、責めないで下さいね。」



そんなスタッフの声かけに、Aさんは寂しそうにポツリとこう言いました。



「なんで私の話は誰も聞いてくれないの。」



そこで私はハッとしました。



普段から、認知症の方の世界に寄り添うことを仕事として来たはずなのに、利用者の方同士の喧嘩やトラブルに発展してしまった時、そのどちらにもフォローが必要なことをとっさに判断できなかったのです。


Bさんをかばうことに必死になりすぎて、Aさんの気持ちに寄り添うことが後回しになってしまったのです。


その後、Aさんもまた別部屋に行き、しっかりとスタッフが話を聞いて、気持ちを落ち着かせてもらいました。


このトラブルの後も、指輪を盗られたという発言は収まることはありませんでしたが、私たちは、まず、その言葉をしっかりと受け止めることにしました。そして、Aさんとたくさん話をして、今の思いをしっかり聞くことが出来るような時間を作りました。


それ以来、Bさんへの直接的な発言はありませんでした。


私たちにとって、利用者同士のトラブルというのは最も避けたいトラブルです。
トラブルを避けたいと思うばかりに、Aさんの言葉を先読みし、なるべく被害妄想の発言をさせないような対策をとってしまっていました。そして、そのことによって、Aさんにストレスを与えてしまっていたのです。


介護の世界ではよく「問題行動」と言う言葉が使われ、その問題についてどう対処するかを話し合われることがあります。

問題としてとらえる前に、行動の裏には理由があることを考えなければなりまん。

「なんで誰も私の話を聞いてくれないの?」の発言は、そのことに気づかせてくれました。

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

事例集012 台ふきんから学んだこと

私がはじめて勤めた施設は千葉市内にあるケアハウスです。

65歳以上のお元気な方々が入居する施設でした。



そのケアハウスでの介護スタッフの役割は主に、環境整備やイベント企画などで、身体介護はほとんどありませんでした。

食事の時間には、暖かい物は暖かく、冷たい物は冷たいままで提供できるように、入居者の方が食堂にいらしたタイミングにあわせて食事を提供する配慮をしたり、食事を渡すカウンターからテーブルまでお盆を持って運べない方には、配膳のお手伝いをしたりしました。



入社して初めての食事の時間。

私は先輩に教えてもらいながら、準備や配膳の仕方を勉強していました。



お箸は右に持ち手が来るように。

ご飯は左、お味噌汁は右。

焼き物、煮物は左奥。


配膳の基本ですが、分かっているようで知らなかったことも再確認でした。




食事の時間も終わりに近づき、空いたテーブルから拭いてくるようにとの指示を受け、台拭きんを持って2〜3テーブルまわっていたときのことです。
それを見ていた入居者のお一人が、帰り際に先輩スタッフに何かを話して帰ったのが目に入りました。「私、何かしましたか?」と聞いてみると、こんなアドバイスでした。



「あの新人さんに、テーブルの拭き方を教えて上げて下さい。」


(え?え?)



私は元々、家事仕事が好きで、実家にいるときはいつも母の手伝いをしていましたし、テーブルの拭き方くらい分かってる!と、内心反発したい気持ちがありながらも、どういうことか聞いてみると、納得のお話でした。




私は、テーブルがさほど汚れていなかったので、四つ折りにした台ふきんを使い、その一つの面だけでテーブルを拭いていたのですが、
入居者様がくれた具体的なアドバイスはこういうものでした。




「ここはたくさんの方が使用する食堂ですから、どんな汚れがあるか分からないでしょう。台拭きんを8つ折りにして一往復したらひっくり返し、また一往復してはひっくり返して拭くものです。一つの面でたくさんの場所を拭いていては、汚れを広げてしまっていると同じです。」




見た目だけ綺麗になっていても、そこに細やかさや思いやりがなければ、本物の仕事ではないということを、教えて頂いたような気がしました。



そのことがあってから、食事のことだけではなく、どんな仕事に対してもそう思えるようになりました。

アドバイスをくれた入居者様に、今でも感謝しています。

「自分が言ってしまうと、きつく感じちゃうかもしれないから。」
と、先輩に話して下さったのだということを後から聞いて、自分の胸に湧いた少しの反発心が
少し恥ずかしいような気持ちになりました。

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

稲毛海岸 和みかふぇ

3月14日(日)稲毛海岸 和みかふぇに参加しました!
認知症の方、介護をする方、地域の方、みんなの和みの場です。


前半は、指ヨガとハンドマッサージ。
指と全身の関係を学びました!!写真参照…
オイルやハンドクリームで自分でやるマッサージから、相手に行うマッサージも。
写真 1
後半は、交流会。
新しい地域での交流を広めることが出来ました!!
写真 2

次回は、この場所でおこナイトも計画中!!

Posted by おこないちかこ on  | 1 comments 

浦安介護予防フェア!


3月13日(土)は、浦安介護予防フェアに参加しました。

ハーブの販売です。
栽培は、浦安に住む「池さん・虎さん」という名コンビのお元気おじいちゃん2人!
外側の麻ポットは市内のデイサービスに通うおばあちゃま方に!
麻ポットの絵付けは、日の出南小学校地区児童育成クラブのみんな!
そして、販売にも、きらら北栄のご利用者の皆様が来て下さいました!

このつながりこそ、価値がある!
一つの提案からアイデアが沸き、成し遂げ、結果を残し、次につながる。
ちーばくんも応援してくれている!

次は、行徳地区 寺のまち回遊展!!!詳細は後ほど!

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

事例集011 オセロの時間

有料老人ホームで勤め始めた時のことです。

ご入居者の身体的なケアが重点的で、少ないスタッフの人数で効率良くかつ丁寧に、お一人お一人のケアをいかに行えるか、毎日が時間と隣り合わせでした。


そんな中、ご入居者のAさんのご家族(娘)様から言われたことが、今でも私の介護に関する考えの支柱になっています。


アルツハイマー型認知症のAさんは90歳を超えていますが、オセロが大好きでスタッフとの勝負もいつも互角です。

日常のことはなんでも自分でやりたいと、洗面台で下着を洗って干したりしているお元気な方でした。


スタッフは、Aさんはオセロが好きだから少しの時間でも相手になってあげたい、と思いつつも、日常の業務に手いっぱいで、ほとんど時間をとることができませんでした。


ある日、業務がスムーズにいき、ほんの少しだけ時間が空いたのでAさんのお部屋に行ってみました。


「オセロしませんか?」と声をかけると、「あら、いいの?」と、待ってましたとばかりに素早く盤を広げます。

途中で、持ち手の黒と白が分からなくなるくらいで、教えてあげながら勝負は続きます。


私が勝つと、「あなた、まぁまぁ強いわね。」と、ちょっと悔しそうで。

Aさんが勝つと、「まぁ、こんなもんね。」と、満足そうです。


Aさんが少し見せてくれた悔しさや、満足そうなお顔がなんだか活き活きしていて、とても嬉しく感じました。




後日、Aさんの娘様とお話しする機会がありました。
Aさんとオセロをした話をすると、こう言ってくれました。


「母とオセロをしてくれたんですね!誰でもそうだけど、例えば、のんびり暮らしたいとか、旅行に行きたいとか、美味しいもの食べたいとか、【活きる事】は希望に向かっているんですよね。母は認知症だし、歳だし、できないことが増えたけど、オセロはまだ出来ます。やりたいんです。
スタッフさんはいつもお忙しそうだから、母ひとりに時間を作るなんてなかなか出来ないと思います。

でもあなたが母といてくださった時間、母は満足していたと思うんです。90歳も過ぎてますが、母にはまだまだ出来ることがあります。【活きて】欲しい。そう思っています。母に付き合ってくれてありがとう。」




たった数十分のオセロの時間が、そんなに意味のあることだとは感じていませんでした。
しかし、頂いた感謝の言葉を振り返ると、いかに貴重な時間を過ごしたのかが分かりました。

これからも【活きる】サポートをしていきたい、そう思っています。

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

事例集010 受け継がれる意志

デイサービスをご利用の60代男性Mさん。

脳血管性の若年性認知症で視覚障害・感情障害がありました。

体格が大きく体重は90キロ以上あります。

地元で精肉店を営んでおり、その地域では知らない人はいないほどの名店です。


コロッケが大人気で、スタッフが作り方を教えて下さいと頼んでも、にやっと笑って「それは教えらんねーな」と笑う陽気なMさんです。
そのお店も今はご自身は引退され、息子夫婦へお店をまかせ、Mさんの奥様がたまにお店を手伝ってました。

Mさんは奥様と二人暮らしでしたので、認知症が進行していくにつれ、体格が大きいMさんを自宅で入浴させることが難しく、デイサービスで入浴させてほしい、歌やダンスが大好きなので楽しみを見つけてほしい、とご利用を開始することになりました。



ご機嫌が良いときは、黒澤明とロスプリモスの「君からお行きよ」を歌って披露されていました。
よくスナックやカラオケで歌ったのでしょう。
とっても上手で、歌い方の抑揚にこだわりがあります。


また、奥様との共通の趣味の、社交ダンスの曲ではノリノリでステップを踏んでいました。
特にジルバが大好きです。

さらに、お祭りが大好きで、祭り囃子を聞くと大きな声で神輿のかけ声をかけていました。




ご機嫌のわるいときはと言うと。

「ここは何のために来るところなのか。」

「誰がそう決めたのか。」

「かぁちゃんはこのことを知っているのか。」


など、話している間にどんどんご自分の中に不安が増してきて、ヒートアップしてきます。



「誰が勝手にこんなところに来ると決めたんだ!」

「責任者を呼べ!」

「役所の者を呼べ!」

等と、歌を歌っている時の表情とはまるで別人。

言葉遣いも荒々しく、表情も厳しく怒り狂います。

他のご利用者の皆さんも、あの人怖い…と後ずさりするくらいの勢いです。




そんな時、私たちは個別に静かなところで、ひたすら話を聞きます。

そして事情をきっちり説明します。Mさんのご質問にきちんと答えます。


このデイサービスはどんなところで、どんなことをする場所で、契約はどのようで…

そして、Mさんの話の言葉を拾いながら、少しづつ話の流れを変えていきます。




例をあげるとこんな様子です。

Mさん「俺は店が忙しいんだ、こんなところに来ている暇はない!」

スタッフ「そうですね。お店はとてもお忙しいと聞いています。」

Mさん「誰から聞いたんだ!俺ここにどうやってきたんだ。帰るよ!」

スタッフ「ここに来る前に奥様の○○さんからお話を聞きしたのですが…。」

Mさん「○○が?」

スタッフ「はい。そうです○○さんから。お店は確か☆☆という名前でしたよね。今日は、お店に息子さんの□□さんと、お嫁さんの◇◇さんが手伝いに来てくれているから、たまにはお父さん、体を休めて下さいって。広いお風呂に入って、お昼ごはんもいただいて、カラオケも楽しませてあげてください、ですって。素敵な奥様ですね。」

Mさん「そうか…ほんとか!?」

スタッフ「本当です。そう言えばMさんのお店では、コロッケがおいしいってみんな言っていました。でも売り切れているときもあるとききました。何時頃買いに行ったら買えますかね。教えて頂けますか?」




以下、お店の話や昔のその地域の話などMさんから話をしてくれるようになります。



興奮していたり機嫌の良くない時のMさんはいつも現役時代に戻っていて、いつも店のことを気にかけています。

俺が店にいないでどうする!という責任感と、病気になってしまったという焦りの気持ちが、不安とともに表出されるのではないか、と私たちは考えました。


そんな時、信頼する奥様や息子さんの名前を話して差し上げると、ふと表情がゆるみます。


何より、お店の屋号を話すと、店を知ってくれている人と思って下さいます。

お店の話や昔のその地域の話は、Mさんも機嫌良く答えて下さいます。



お店を守り、家族を養い、ご近所付き合いやお客様を大切にしてきたMさん。

陽気な一面を持ちながらも、男気あふれるMさんが私は大好きでした。

奥様がおっしゃる通り、後は息子たちに任せて少しでも安心できる空間で楽しんで過ごしてほしい。

その気持ちに私たちも答えられるよう、Mさんの世界にしっかり寄り添いました。




Mさんのお店は、今も地域に愛されるお店として続いています。

後を継いだ息子さんは、外出できないお年寄りなどの家へ、コロッケやお惣菜を届けるサービスを始めたそうです。

お父様がお世話になった時代の方々への感謝の気持ちでもあるのでしょう。



Mさんの想いは確実に受け継がれているのです。






Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

うんこ10分後に出ます

介護のお悩みは色々あります…
その中でも、排泄に関する問題は大きいものです。

便秘は高齢者の多くの方の悩みです。
そのため、便秘薬を使用している方が大勢います。

ある方は、便秘薬を服用しているために、旅行や外出を避けている。
いつ催してしまい、失敗してしまったら怖いから。という方もいます。

また、便意がない方で、出てしまっていて臭ってはじめて分かる…という場合もあります。
その際の排泄処理は、時間もかかりますし、精神的にも…という方もいらっしゃると思います。

そんな、お悩みにこんな画期的な商品が開発されています。
お腹に貼るだけで排泄を予知。スマホにつながっており、アプリが「うんこ10分後に出ます」と、教えてくれる優しい商品。
さらに、便通の記録帳にもなっているので、お薬のタイミングや排便コントロールの目安になるんだそうです。
日本とアメリカで5月から予約が始まり、12月に初出荷予定…

介護の場面でなくても、お腹が弱い方や便秘症の方にも使えるのではないでしょうか?
詳しくはこちら…↓↓↓
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/307/307988/

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。