介護デザインプロジェクト

このブログでは、
介護の現場エピソードや、現在の社会問題について情報を発信していきます。

カゾクロ オンラインショップ

事例集009 芭蕉布と桜

デイサービスに通っていた70代の女性Yさん。

教師をしていた経験があり、「あなたはそう思うかもしれないけど私はこう思う」というように、しっかり相手を考えながらも、自分の意思を話す方でした。

正常圧水頭症で、歩行障害があり、言葉もろれつが回らないような話し方をされます。


花や絵などの美しいものが大好きで、目を輝かせてご覧になります。
散歩に出て風を感じれば「春のにおいがするわね。」など、
何とも表現が自然で、女性的な魅力あふれる方でした。

ある日、デイサービスのスタッフが沖縄三線を持ってきて弾いた時、
Yさんは、ある曲をリクエストしました。


【芭蕉布】という曲です。


海の青さに 空の青 南の風に 緑葉の
芭蕉は情けに 手を招く常夏の国 我した島沖縄


「この曲を聞いていると、心が洗われる気がするのよ。」

いつもYさんはそう言いました。
この芭蕉布の歌を、それから何度デイサービスで一緒に口づさんだことでしょう。
その度に彼女は、「いいわねー」と喜んで下さいました。


送迎時、ご家族にこのことを話すと、
「え?うちの母、そんな曲知ってるんですか?」との返事。
家族も知らないお母様の一面だったようです。


さらに、Yさんの口癖がありました。
「私が死んだら、桜の木の下に埋めてちょうだいって、娘に言うのよ。冷たいお墓より、みんなに美しいと言ってもらえる場所にいたいわ。」

自然を愛するYさんらしい言葉です。



数ヶ月後、膵臓の病で入院後にお亡くなりになりました。
娘さんは、Yさんの希望通り、樹木葬を行いました。


その後、デイサービスに挨拶に来てくれた娘さんが、話してくれました。

「デイサービスで、母は芭蕉布が好きでいつも歌っていたことを聞いて、葬儀のBGMには芭蕉布を使いました。母は好きなものに囲まれて、今とても幸せだと思います。教えて下さってありがとうございました。」


Yさんらしい人生の終わりに、少しでもご一緒できたことを今でも感謝しています。


徐々に春の気配が感じられる今日この頃。
ふと、桜はいつ頃咲くだろうかと思う時、彼女の優しい話し声や穏やかな表情を思い出します。

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

おこナイトvol.3

おかげさまで無事に終了しました!

おこナイトvol,3〜今よりもっと家族になろうよ〜  in マリーナレストラン トリム 
平成27年2月22日(日)

《セットリスト》
●家族になろうよ
●悲しくてやりきれない
(悲しみを分かち合うことをテーマに歌いました。)
●皺皺に輝け
(介護や老いをテーマにするとどうしても暗くなりがち。一つ一つの経験を皺に刻んで。明るい未来を歌いました。)
●Dear family
(親のこと。老後のこと。いま、出来ることがある、それは…。)
●感謝
(介護デザインプロジェクトから。夫婦の感謝のエピソードから。)
●母親
(家族を語る時にかかせない存在。親孝行出来ただろうか。)
●365歩のマーチ
(おこナイト名物!おこないさんの近況報告。)
●毎日がスペシャル
(みんな歳をとっていくから、何でもない一日がすごく大切。皆さんの毎日がスペシャルでまりますように!)

ゲストに月迦さんを迎え、春らしい優しい曲をお送りしました。
未来介護PJ小黒信也さん、オムソーリカフェ齋藤さん、前田明子さんどうもありがとう。

Category : おこナイト♪
Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

おこナイトvol.2

おかげさまで無事終了しました!

おこナイトvol,2〜今よりもっと家族になろうよ〜 in マリーナレストラン トリム
平成26年10月26日(日)


《セットリスト》
●家族になろうよ
●手紙〜親愛なる子供たちへ〜
●Dear family
●道標
●東京ブギウギ
●365歩のマーチ
●心を込めて花束を
●日々
●花は咲く

Category : おこナイト♪
Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

おこナイトvol.1

おかげさまで、無事終了いたしました!

おこナイトvol.1~今よりもっと家族になろうよ〜 in マリーナレストラン トリム

平成26年7月20日(日)
16時半開演

《セットリスト》
●家族になろうよ
●関白失脚
●たしかなこと
●365歩のマーチ
●Dear family
●蘇州夜曲
●日々
●切手のない贈り物

Category : おこナイト♪
Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

おこナイト ライブ報告!

おこナイトvol.3も無事に終えることが出来ました。
これも、応援して下さる皆様のお陰です。

本当にありがとうございました!

おこナイトのカテゴリーを追加更新しました!
vol.1~3までの活動報告、是非見て下さい!

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

事例集008 百歳のお祝いにて

認知症の80代の女性Mさんは、グループホームに入居しています。

車いすに座り、机に伏せ、何かを探すようにテーブルの前に手を延ばしてみたり、
他者の話す言葉に反応して「そうそうそうそうそう…」と声を上げてみたりしますが、
終始眠そうに目をつぶっています。

スタッフや他者の声掛けには、「そう」「だめ」などの単語で返して下さいますが、
なにか意思表示をする際には「だだだだだ…」「ままままま…」吃音言葉になってしまいますし、
会話として言葉が連続してつながることはほとんどありません。

でも、言葉は少ないですが、Mさんはとっても素敵な笑顔で話して下さいます。

昨年、この施設で100歳の方のお祝いがあり、
そのイベントとして懐かしの歌を歌ったことがありました。

会場では、Mさんはスタッフが付き添って端の方にいらっしゃいました。
いつものように下を向いて目をつむっていらっしゃいます。
イベントが始まり、ご入居の皆様と懐かしの昭和歌謡を歌っていきます。
  
東京ラプソディ、東京キッド、見上げてごらん夜の星を…

一緒に歌ってくださる方や、ブラボー!と合いの手を入れてくださる方。
様々に楽しんでくださっていますが、Mさんは何時ものように下を向き、
時より「みあげてぇぇぇ…」等と歌詞の断片をひろって下さっていました。

さて、イベントも後半。

100歳の記念に100年前に歌われていた歌をとの思いで、“カチューシャの唄”を歌いました。
歌い始めたとたん、私の歌に並行して、しっかりとした大きな歌声が聞こえてきました。

♪カチューシャ可愛いや 別れのつらさ せめて淡雪 解けぬ間と…

あまりに突然のことにみんなが驚きました。
Mさんが、歌詞をしっかりと歌っています。
メロディーも音程も、私の声とギターの音色に合わせて。
そして、いつもの素敵な笑顔で。

思わずスタッフが、カメラのシャッターを切ります。

そんな驚きとともに、イベントの最後は、これも100年前から歌われている“ふるさと”。

♪うさぎ追いしかの山~ こぶな釣りしかのかわ~
  
全員が合唱となる中、Mさんもいっしょに歌詞をしっかり歌って下さっています。
日頃は、単語しか発することの出来ないMさんが、流れるように歌う姿は、みんなの胸を打ちました。

あとでスタッフに聞いた話では、“カチューシャの唄”は日頃のレクリエーションでも滅多に歌うことのない唄で、まさかこんなにはっきりと歌詞を歌って下さるとは思わなかった、とのこと。

まさに“歌”が引き出した言葉は、Mさんの意思を、想いを、私たちに教えてくれたようでした。

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

小さくでも確かな歌の力

江東区のグループホームさんにて


いつもお世話になっているホームにて音楽会!
今回は半分昭和歌謡、半分おこナイトな内容でお送りしました!

曲の内容とそれにまつわる私の思いをしっかりと説明した上で歌いました。
知らない歌は興味が薄れがちですが、皆さんとても真剣に聞いて下さったのが印象的でした。
入居者様、スタッフ、施設関係者の方々…たくさんの世代の人が音楽と想いを共有できたすばらしい
時間でした。

ホームの皆さんありがとう。

Posted by おこないちかこ on  | 2 comments 

事例集007 人材の確保

最近話題の介護報酬の改定に関連して。

介護職員の人材不足が懸念されている中で、平成27年度の介護報酬改定は大枠で「引き下げ」の方針が発表されました。

一方で、深刻化する人手不足を解消するため、労働環境の改善などに取り組む介護サービス事業所を対象に、平均月額1万2千円の処遇改善加算(職員1人当たり)が設けられたり、介護福祉士を6割以上配置している老健や特養などにも報酬加算があるとのこと。

これらを踏まえて、今回はこんなお話しです。



とある施設の昼食。
食事介助を行っていた介護福祉士のスタッフA。
なかなか口を開けてもらえず、何度も入居者さんの口元へスプーンを運びます。

その様子を見ていた、別の入居者のKさん。
スタッフAに向かっていいました。
「口を開けないのに、無理矢理入れようとしたってだめよ。」

するとスタッフAは、Kさんに向かって、はっきりとこう言いました。

「うるさい。」

もちろんKさんは怒り心頭でしたが、スタッフAは見て見ぬ振りをしています。しばらく経って、認知症のKさんは、そのことを忘れました。
しかし、何が起こったのかは忘れてしまったかもしれないけれど、嫌な思いをした感情は忘れないようで、KさんはスタッフAを避けるようになりました。



今回の介護報酬の改定では職員処遇改善に取り組む施設に加算を認める、介護需要の高まりを踏まえた施策も立っていますが、たとえ人手不足が解消されたとしても人が増えただけで良い介護が出来る訳ではありません。

しかし人手不足だと、思いやりを持って熱い想いで働いている職員でも疲弊してしまうし、スタッフの教育もままならなくなるというのも事実です。
少なくとも、上にあげた例のような出来事が起こらないように、人材選びはしっかりしたいし、思いを受け継ぐ教育が出来る環境であって欲しいと思います。

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

事例集006 ブランデーグラス

デイサービスに通っていた前頭側頭葉型認知症の男性Mさん。
前頭側頭葉型認知症とは、記憶障害よりも性格の変容や社会性の消失がみられることが多い病です。

ご自宅で奥様と2人暮らしでしたが、定年後、認知症状が進み、奥様の姿がお風呂やトイレで見えないだけで、不安で「おい!おい!」と探して歩くようになり、奥様の介護負担軽減のためにデイサービスに通うことになりました。


送迎に伺うと、奥様の顔面がアザになっていることもありました。
前日の夜、入浴させようとしたらパンチをもらったと。
意にそぐわないことや、嫌なことがあるとすぐに暴言暴力に変わってしまうようになりました。

なんとかデイサービスで穏やかに過ごしていただきたいと思い、
ご自宅で使っているクッションや湯のみなどを持ってきていただき、
使ってはみましたが残念ながら効果はなく。
施設内をぐるぐると歩き回り、食事や水分、入浴することも困難な状況でした。

女性スタッフには比較的穏やかに話しますが、男性スタッフには非常に厳しい口調で応答します。
特に、若い男性スタッフには厳しかったのです。
しかしながら、年配の男性スタッフが話しかけると、
まるで会社の仲間と話しているような口調でご機嫌良く話をするときがありました。

Mさんは、人数の多いところや雑音の多いところにいると落ち着かないことが多かったことから、デイサービスのフロアではなく、少し離れた部屋で、スタッフと一対一でいることが日常でした。

食事を一緒にとるため座っていて、私がよそ見して目が離れると、強烈なパンチが飛んできました。
入浴しようと脱衣する際は、折れるぐらいに腕をつかまれました。
「ばかやろーーーーー!」と何度言われたか分かりません。



そんなMさんですが、たまたまかけたCDの歌に涙を流す瞬間がありました。
それは、石原裕次郎の『ブランデーグラス』です。

若い頃よく聴いた歌なのでしょうか。
椅子にきちんと座り、目を閉じて聞いています。
そしてトレードマークのハンチング帽で顔を隠すようにして涙を流し歌うのです。

時々「俺は…こんなになってしまって…」と、声を震わせ、自分と向き合う瞬間がありました。

若い人には厳しく、年の近い人とはまるで現役時代のように会話をする。
若い頃に流行った歌が流れると懐かしみ、涙を流す。
Mさんの心はいつも現役時代にいるのだと感じました。

Mさんの吐く厳しい言葉や、手が出てしまう行動には、彼の悔しさや悲しみが詰まっているような気持ちになりました。

このことがあって以来、スタッフのケア行動にも変化がありました。
普段は女性スタッフが対応する。
同じスタッフが長時間接しているとイライラしてくるので、時間で交代する。
歩き疲れた頃には、時々年配の男性が話かける。
若いスタッフは、Mさんに教えをもらうような姿勢で話しかける。
歌を聴いている間や後には、マッサージをしたりして気持ちを穏やかに過ごしていただく。

徐々に、一人一人が自分の役割を考え、自然と行動するようになっていきました。


症状が改善することはありませんでしたが、少しでも感情が爆発することなく過ごしていただけるよう、彼の世界に寄り添えるよう、チームが一丸となってMさんと向き合うことが出来るようになったのはまちがいありません。

『ブランデーグラス』が、Mさんが胸のうちに抱えていた本音に気づかせてくれました。

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

歌って踊って走って…

1月31日(土)
新小岩 アフロビートにて
江戸川区を中心に、介護関係者の集まるディスコナイトにてオープニングをつとめました!
幅広い方に私の活動を知っていただく機会になってよかった!



2月1日(日)
介護デザインプロジェクトとして、浦安ベイシティーマラソン10キロコースに出場しました!
風の強い中、お天気は最高!日頃、私の活動を応援してくれているみんなと、気持ちよく走りました!
これからの活動に、やる気が出ますね!!!

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。