介護デザインプロジェクト

このブログでは、
介護の現場エピソードや、現在の社会問題について情報を発信していきます。

カゾクロ オンラインショップ

お楽しみに〜

最近の風景。
こんなことしました〜
お楽しみに!


Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

事例集005 「出たい…」

80代の男性、Yさんはアルツハイマー型認知症です。
デイサービスで過ごすことに慣れることができず、すぐに帰りたくなってしまいます。
意思を伝えることが難しく、「帰る」「あっち」「どこ」など、単語で意思表示します。

いつも、少し散歩をして気分を変えたり、ドライブに行ったりなどして、なんとか夕方までのデイサービスの時間を過ごしていました。

その日のお昼、食事を食べ終わるとYさんは、
落ち着かない様子で「出たい…」と玄関の方へ歩いていきました。
希望通りYさんの歩く方へついていきながら、外へ出ることにしました。

私が働いていた施設のすぐ隣には、中高一貫の学校があります。
道路には校庭が面しており、部活の朝練の時間から体育の授業、
夜遅くまで部活動の生徒がにぎやかに運動している姿が見えます。
朝夕は登下校の生徒でいっぱいです。

さて、そんな学校の校庭沿いを歩き出してすぐ、突然、Yさんがズボンをもぞもぞ触り出し、

Yさん 「便所…」
私   「では、すぐに戻ってお手洗いに…」

そんな会話も彼の耳には入りません。
もう間に合わない。とばかりに、ベルトを外します。
ズボンとパンツを半分下ろしています。
いわゆる半ケツ状態です。

まずい!

ここは学校の校庭のまさに目の前。
ハッと気がつき校庭に目をやると、いつもにぎわっているはずの校庭には誰もいません。
たまたま、その時間帯は体育の授業もない時間帯だったようです。

(珍しい…良かった…でも、生徒が出てくる前に施設に戻らなくては…)

そんな私の思いとは裏腹に、パンツをおろしたいYさん。それを必死にとめる私。

私   「学校の校庭前だから、なんとか我慢できませんか!?」
Yさん 「大が…」

(え〜〜〜〜!?)

これは戻ることは不可能と判断し、彼のズボンをなんとか押さえながら施設へ電話し事情を説明。
すぐに車いすを持ってきてもらうことに。Yさんもなんとか我慢してくれています。

(チャイムが鳴って生徒が出てきたらどうしよう…。)

車いすが来るであろう方向を向いたまま、ズボンの端を握り合ったまま一歩も動けない私たち。
私にとっても、Yさんにとっても、スローモーションのように長い時間に感じられたと思います。


その後、施設の方から、笑いをこらえながら走って車いすを持ってくるデイサービススタッフ。
後から聞いた話では、緊急の事態ながら、道のど真ん中で若手女性スタッフの私がおじいさんのズボンの上げ下ろしを押し問答している様が妙に可笑しくてたまらなかったと…

なんとか車いすで急いで施設へ戻り、無事に用を足すことができました。
Yさんが言った食事の後の「出たい…」は、『外へ出たい』ではなく『うんちが出たい』だったのだ。
そしてトイレを探していたのだ。
よく考えたら、いつもよりそわそわしていたよな、と後から反省したのでした。

それ以来、いつものことだから…と言葉の意図を勝手に判断しないことを気にかけるようになったし、もしかしてこっちの意味なのかもしれない…と、一言から予測する行動パターンをいろいろと提示出来るようになれたように思います。

とにかく、間に合ってよかった。

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

事例集004 くるくるぱー

若年性認知症の60代のKさん(女性)とお散歩に出かけたときのお話です。

Kさんはご主人と二人暮らしをされていましたが、
ご主人が食事の支度やうたた寝をしているときに、こっそり外出をしてしまうことが増えてきて、
デイサービスに通われることになりました。

いったん外出してしまうと、自宅の場所が分からなくなります。
そうして迷っているうちにトイレを我慢できず、近所の家の庭で用を足してしまったこともありました。

ご主人の介護負担を軽減するため、私が働いていたデイサービスに通い始めましたが、
「好きな時に外出できない」と泣きわめき、玄関やドアを蹴飛ばしたり叩いたり、激しく怒ることもありました。

ご機嫌の良いときはみんなに話しかけたりして笑顔で過ごされていますが、
言葉遣いは誰に対しても「あのさー」「〜じゃん」と、子供に返ったような言葉遣いをされました。

これも認知症状の一つです。


ある日、私から散歩にお誘いし、外に出かけることになったので、彼女はとても上機嫌でした。
お散歩コースの川沿いをしばらく歩き、釣り人がいることに気がついた彼女はこう話しかけました。

「ねぇねぇ、おじさーん。何がつれてるの〜?」

釣り人はびっくりした顔をして振り向きましたが、
彼女を見た瞬間に聞こえないフリをし、彼女の問いかけを無視しました。

「聞こえないのかなー」と、寂しそうに彼女が歩き出した瞬間です。
釣り人はもう一度振り向き、いっしょにいた私に向かって怪訝な顔でジェスチャーを投げてきました。


<その人、頭、くるくるパー>


そんな人の呼びかけに返事をしても仕方がない、と言うことだったのか。
それとも単純に、どういう人?という意味だったのか。

そのジェスチャーの真意は分かりませんが、その時の私はあまりの予期せぬ出来事に唖然とし、
何も言うことが出来ず、前を歩き出しているKさんの後を追いかけることしかできませんでした。


この出来事があって、お年寄りや病気を抱えた方々が地域の中で【共に生きる】ということについて、
私たち介護関係者がやらなくちゃいけないことがまだまだたくさんある、とあらためて気づかされました。

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

事例集003 いつまでも先生

小学校の教師と、幼稚園の園長先生を経験され、定年退職されたEさん(男性)のお話です。
定年後も卒業生から手紙や年賀状が届くくらい、生徒によく慕われていたそうです。


Eさんは、レビー小体型認知症を発症し、デイサービスをご利用されていました。
時折「さっき子供がいたでしょう?」というような幻視の症状がありましたが、
認知症の進行は比較的穏やかで、4年ほどは大きな変化なく過ごされておりました。

まじめな性格で、ご自分の身体のことはとてもよく気をつけておられ、
ご自宅でも、パーキンソン症状に良い運動のDVD体操を行ったり、
主治医からの助言をきちんと守るようにされていました。
 
デイサービスで過ごされている間は、ご自分よりも周囲のことを先に気遣い、
いつも相手を敬うことを忘れず、ご自分より年上の利用者には先輩という接し方を崩さず、
私たちスタッフも社会人としてEさんの立ち振る舞いは見習わなくてはいけないなと思える素敵な方でした。
まるで、自分たちを教えてくれた先生のように、安心できる存在感でもありました。


あるとき、調子がわるい、とおっしゃる日が続き、受診した結果は肺炎と診断され入院することに。
しかし、なかなか容態は落ち着かず、次第に悪化していきました。

お見舞いに伺ったある日。
点滴治療をされており、むくみもひどく、会話をすることは不可能でした。
声をかけると返事をしてくれたような、そうでないような…という状況。

そんな中ちょうど、「お薬の時間です」と、看護師さんが練り薬のようなものを持ってきました。
健康な人が口に入れても飲み込むのに苦労しそうな形状の、真っ青な薬。

看護師さん、日常作業のように、容赦なくスプーンで口にねじ込みます。
もちろんEさんは、いやがり首をふります。
それでも看護師さんは薬を口に入れようとします。

その時です。
さっきまで言葉を発するのもつらそうだったEさんが、はっきりとした口調で言ったのです。



「あなたは私の気持ちを考えたことがありますか。」



「やめろ」でも「いやだ」でもなく、いかにも先生でいらしたEさんらしい一言。

看護師さんは一瞬言葉を失っていました。
そしてその後は、薬は点滴から落とされることとなりました。


その数日後、Eさんはお亡くなりになりました。
葬儀には、教師時代に体育祭で一生懸命走っている写真や、
教え子と最高の笑顔で映っていらっしゃる写真などが飾ってありました。


看護師さんに言った言葉は、そこにいた人全員の記憶に残る一言だったのではないかと思います。
最後まで教師として筋の通った人生を歩まれた、Eさんでした。

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

あちこち活動報告♪

■1月9日(金曜日)
江東区の施設さんにて

お正月らしく民謡三味線の会!
最後は花笠音頭で皆さん大盛り上がりです( ´ ▽ ` )ノ涙そうそうでは、涙を流す方が…それをみていた
スタッフの方も一緒に涙しているのが印象的でした!
150116_01.jpg



■1月12日(日曜日)
浦安文化会館にて

今川保育園さんのお遊戯発表会の幕間のMCと演奏で参加しました!
お子さんの可愛らしい演技や一生懸命振り付けを踊る姿に、お父さんお母さんおじいちゃんおばぁちゃん、
みんな涙!なんだか私も涙!
孫の姿を見るために遠くは熊本からいらっしゃった方も!家族の暖かな空気に包まれました( ´ ▽ ` )ノ
150116_02.jpg



■1月13日(月曜日)
舞浜倶楽部さん
小規模多機能型施設
デイサービスにて

しばらくぶりにお会いできた利用者様方。みなさん、お変わりなくお元気でした!
あるおじいちゃんからは「八王子で会いましたね!」と、ニコニコで言われましたが、
八王子最近行ってないな~( ̄▽ ̄)

あるおばあちゃんは「元気よ!ケガも病気もしないし、バカは風邪引かないってホントねー」と、
明るく言われましたが、おばあちゃん顔面どこかでぶつけたのか、青アザになってました~( ̄▽ ̄)
ズレてることが、愛らしい!

素敵なお花と色紙をありがとう!
150116_03.jpg

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

事例集002 『俺は飛べる!』

ケアハウスに勤めていたころ、入居されていた80代のおじいちゃん。
脳梗塞の後遺症で片麻痺。
杖をついてゆっくり歩き、話をしようとするとよだれがたれてしまいます。
でも、お話するのが大好き。
ご自慢は、軍隊での武勇伝です。

ある朝のこと。
早番の私は、食堂で朝食の準備をしながら、ご入居の皆様を待っていました。

50名入居の施設です。
いつも最後の方にいらっしゃるそのおじいちゃんは、その日も朝食の時間が始まってもすぐにはいらっしゃいませんでしたが、いつものことなのでさほど気になりませんでした。
しかし、しばらくして朝食が終わる時間になってもまだいらっしゃいません。

(まさか!倒れているのでは!?)

あわててその方の居室へ。
当時、介護経験1年目だった私の心臓は悲鳴をあげていました。

(なにかあったらどうしよう…)


恐る恐るその方の居室のインターホンを押しました。

「はーーーい。」

と、寝ぼけたような声が聞こえたので、私の早とちりか…とほっとしながら「寝坊しちゃったんですか?」と冗談を言いながらドアを開けました。

すると!
目の前に、苦笑いしながら顔面血だらけのおじいちゃんが!?
ベッドの脇には、いつもベランダに置いてある物干竿がひん曲がって横たわっている。

え??どういう状況??洗濯を干そうとして転んだ??いや、洗濯物はないし…

とりあえず救急対応の手続きをとりつつ、笑い続けているおじいちゃんに話を聞く。

私:「一体どうしちゃったんですか?」

おじいちゃん:「いやー、飛べると思ったんだよー。」

私:「は???」

おじいちゃん:「だからね、これをね、この上から飛べると思ったんだよー。」

私:「え〜!!!???」

軍隊での、昔の体力自慢をするのが大好きなおじいちゃん。
夢で見たのかやる気がわいてきたのか、ベッド横に置いた物干竿を、ベッドの上から飛び越せると思って実践してみたらしいのです。

本人のイメージでは綺麗に着地するつもりだったのでしょうが…。

彼の本気の顔に、「何考えてんの!できるわけないでしょ!」なんて言えませんから、
「これはむずかしいでしょ〜〜!私でも無理だよ!!!」
「それにしても骨折とかしてないといいけど…」
「もうこんなチャレンジはやめてね」

と、彼を気遣いながら苦笑いする、驚きの朝でした。

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

事例集001 「かぁちゃんは偉大だ」‏

九州出身の70代男性。
学校の先生をしていた過去があり、定年後は奥様と一緒に地域の学校行事やラジオ体操の先生をしたり、活動的に過ごしていました。

認知症の発症で、私の働いていたデイサービスに通うことになりました。身体的にはとってもお元気でしたから、最初、車いすや杖をついた他のご利用者を気遣ったり、お散歩に出るとどこかへ走っていってしまったり、スタッフを待ち構えて「わ!」と驚かせたり、スタッフのお尻をぺしっとたたくなど、優しくてチャーミングで、少しスケベなおじさんで名が通っていました。

お若いこともあり認知症の進行は早く、2〜3年たつと症状は変化していきました。はじめはご自宅でも脳トレドリルをしたり体操をしたり、症状の緩和につとめていましたが、文字を読むこと・書くこと・集中することが難しくなっていきました。

大好きな軍歌を口ずさむと、周りがびっくりするぐらいの大声で歌い始めたり、デイサービスでは落ち着かないのか「かーちゃーーーん!」と叫びながら廊下を泣き叫んで歩いたり、感情のコントロールができず、ご自分の意にそぐわないことがおこると手が出るようになりました。

そんな中印象的だったのは、スタッフに手をあげてしまった後のこと。ご本人は少し落ち着いたあといつも「ごめんな。」と言いに来てくれました。

ご自宅にいても「もう帰ろう」と言っては一日に何度も外出しようとしたりしていたそうでう。奥様は、なんとかご本人の外出についていこうとされるのですが体力的にも難しく、外出の際にボランティアさんを頼んでみたりしました。

しかしいざ外に出ると、知らない家の玄関に入ろうとしたり、静止がきかない状況になっていきました。

「最後まで家に一緒にいたい。」と献身的に介護されていた奥様も、周囲の意見もあり施設入所を考え始めます。

入所施設の相談員が、入所前面談のため訪問にくるという朝。
彼は横になったまま起き上がることが出来ず、緊急搬送され、そのままお亡くなりになりました。


後日、生活も落ち着きを取り戻してきたころ、奥様はご主人の遺品を整理していました。
ご主人が最後まで持っていた手帳が出てきました。
それを開くと、いつの日に書いたものかは分からないが、メモ欄にこんな言葉が書いてあったそうです。

「わしがこんなになったのに、面倒を見てくれている。かぁちゃんは偉大だ。」

奥様への最大の感謝の言葉です。

奥様は、「あんなになっても、そう思っていてくれたんですね。なんだか救われた気がしたよ。」と話してくださいました。

最後まで一緒にいたいと望んでいた奥様と、それに答えるように感謝の言葉を残したご主人。
夫婦の想いが通じ合っていたことを感じた出来事でした。

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 

介護デザインプロジェクトとは…



介護デザインプロジェクトとは、『今よりもっと家族になろうよ』をテーマに、家族が元気なうちにお互いのこれからを考える大切さ、を世の中に発信していくプロジェクトです。

Posted by おこないちかこ on  | 0 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。